Kyodo News

インデックスに戻る
地球に似た惑星発見
3千光年の「連星」で

• 地球から3千光年離れた、二つの恒星が互いを回り合う「連星」系で、大阪大と名古屋大、京都産業大のチームが、軌道や質量が地球に似た惑星を発見し、3日付の米科学誌サイエンスに発表した。
• 連星系での惑星の探査は難しく、あまり進んでいない。銀河系の星の約半数が連星で、チームは、地球に似た惑星が見つかる可能性を広げる成果としている。
• チームの住貴宏大阪大准教授によると、ニュージーランドにある天文台の望遠鏡で観測した。
• 見つかった惑星は、連星のうち片方の恒星の周りを回っている。地球の重さの数倍の惑星は「地球型惑星」と呼ばれ、この惑星は約2倍。さらに太陽と地球の距離とほぼ同じだけ離れて回っており、チームは「地球のような軌道と質量を持つ惑星だ」としている。
• ただ惑星の温度はマイナス約210度で生命が存在するには冷たすぎる。住准教授は「他の連星系に太陽のような星の周りを回る惑星があれば、生命や水が存在するかもしれない」と期待を込めた。