Kyodo News

1月2日

日本語メインに戻る
新年最初はパキスタン批判
トランプ米大統領

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は1月1日、ツイッターへの新年最初の投稿で「米国はおろかにも15年にわたってパキスタンを支援するために330億ドル(約3兆7千億円)を供与してきたが、パキスタンは米国をだましてばかりだ」と不満を示した。
「パキスタンは、アフガニスタンでわれわれが追跡しているテロリストたちの隠れ家になっている。もうたくさんだ!」とも書き込んだ。米政権は昨年8月に発表した米軍の駐留延長を含むアフガン新戦略で、パキスタンにテロ掃討への協力を求めていた。
トランプ氏は年末年始休暇をフロリダ州パームビーチの高級別荘「マールアラーゴ」で過ごした。


米国務省、韓国政府と緊密協議
対北朝鮮で連携強化アピール

 【ワシントン共同】米国務省報道担当者は1日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「新年の辞」で南北関係改善に意欲を示したことに対して「北朝鮮対応での結束に関して韓国政府と緊密に協議している」と共同通信の取材に回答した。北朝鮮の核・ミサイル開発に対抗するため、日本を含む3カ国の連携強化をアピールする狙いがあるとみられる。
また、報道担当者は「平昌冬季五輪を安全かつ成功裏に開催するとの韓国政府の決意に米国は自信を持っている」とも強調した。


イラン反政府デモ23人死亡
全土に拡大、政情不安も

 【テヘラン共同】昨年12月28日に始まったイランの反政府デモは全土の40都市以上に拡大し、イランの複数メディアは2日までに参加者計23人の死亡を伝えた。一部が暴徒化し、警官隊との衝突などで計700人以上が拘束された。発端は市民生活の不満だったが、非難の矛先は1979年以来続くイスラム共和制そのものにも向いた。治安当局が異論を弾圧してきたイランでは異例の事態で、政情の不安定化が懸念される。
2009年に大統領選の不正を訴える反政府デモで数十人が死亡して以降、最大規模の衝突。
参加者は「独裁者に死を」と体制の頂点に君臨する最高指導者ハメネイ師を糾弾した。

イラン・テヘラン西郊エルブルズ州の街頭の抗議デモを伝えるビデオ画像=2017年12月31日(ロイター=共同)


韓国、9日の南北会談提案
文氏「歓迎」、準備を指示

 【ソウル共同】韓国の趙明均統一相は2日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が1日の「新年の辞」で平昌冬季五輪への代表団派遣の用意があり南北対話が可能だと表明したことを受け、高官級の南北当局者会談を9日に板門店で開催することを、記者会見を通して北朝鮮側に提案した。
これに先立ち、文在寅大統領は北朝鮮側の姿勢を「歓迎する」と表明し、2日の閣議で対話の早期再開と北朝鮮の五輪参加へ向けた準備を指示。南北対話と核問題解決は「別々に進められる問題ではない」として、同時並行で進めるべきだとの考えを示した。


核ミサイル「実戦配備」と正恩氏
平昌五輪に代表団派遣も

 【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は1日、国営テレビなどを通じ今年の施政方針に当たる「新年の辞」を発表した。米本土全域が北朝鮮による核攻撃の圏内にあるとの認識を表明し「核のボタンが私の事務室の机上に常に置かれている」と主張、核弾頭と弾道ミサイルを量産し実戦配備に拍車を掛けるよう指示した。一方で2月の韓国・平昌冬季五輪に代表団を派遣する用意があると述べ、南北関係改善に意欲を示した。
金正恩氏は昨年行った大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験に触れ「わが国の核戦力は、米国のいかなる核の威嚇も粉砕し対応できる強力な抑止力だ」と主張した。


エベレスト単独登山禁止か
ネパール、両脚義足の障害者も

【ニューデリー共同】ネパール観光省は2日までに、世界最高峰エベレスト(8848メートル)を含む高山について、ことし春の登山シーズンから、単独での登山や両脚が義足の障害者らの登山を禁じる規制案を表明した。地元紙が伝えた。登山者の安全確保やシェルパの雇用拡大が狙いだが、正式決定はされておらず、規制の詳細や実際に施行されるかどうかは不明。
英BBC放送によると、規制案では、エベレストなどの高山にはシェルパと呼ばれるネパールの登山ガイドらの同行が必要としている。
障害者規制も安全対策の一環だが、障害者の社会進出の妨げになるとして、国内で反発の声が出ている。

世界最高峰エベレスト(共同)

富士・樹海自殺動画で謝罪
米ユーチューバーが投稿

【ニューヨーク共同】動画投稿サイト「ユーチューブ」に動画を投稿して広告収入を得る「ユーチューバー」として若者に人気の米国人男性ローガン・ポール氏が、富士山の北西、山梨県の青木ケ原樹海で自殺したとみられる遺体の動画を投稿して批判が殺到し、謝罪に追い込まれた。動画も削除した。米メディアが2日報じた。
ポール氏は富士山麓の樹海を仲間と散策した際に首をつって自殺したとみられる遺体を発見。一部始終を撮影した動画をユーチューブに一時投稿していた。批判を受け、ツイッターで謝罪した上で「自殺防止の意識を高めようとした」などと釈明した。

青木ケ原樹海で立て札を読む児童ら(AP=共同)


中国でポケモンGO提供へ
米企業、英紙報道

 スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」を手掛ける米ナイアンティックが、中国でポケモンGOの提供開始を検討していることが2日、分かった。英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)が報じた。
具体的な事業計画は明らかにしていないが、年内にも始める可能性がある。ナイアンティックは中国のIT企業、網易(ネットイース)などから2億ドル(約220億円)を調達し協力することで、米企業が中国でインターネットサービスを提供する際の規制をクリアする方針という。
ナイアンティックのジョン・ハンケ最高経営責任者は「われわれの既存ゲームを中国に絶対に導入したい」と述べた。


法王が被爆写真の配布指示
長崎「焼き場に立つ少年」

 【ローマ共同】ローマ法王フランシスコは、原爆投下後の長崎で撮影された「焼き場に立つ少年」の写真をカードに印刷し、「戦争が生み出したもの」との言葉を付けて広めるよう指示した。ローマ法王庁(バチカン)が1日までに発表した。法王はこれまでも核兵器廃絶を呼び掛けており、改めて平和を訴えた。
バチカンは写真について、亡くなった弟を背負った少年が火葬場で順番を待っているところだと説明。「かみしめて血のにじんだ唇により悲しみが表現されている」と指摘した。
写真は1945年に長崎で原爆が投下された後、米軍の従軍カメラマン、故ジョー・オダネルさんが撮影した。

ローマ法王フランシスコが印刷して広めるよう指示した「焼き場に立つ少年」の写真(バチカン提供・共同)


IOC、北朝鮮の意向歓迎
平昌参加へ「協力続ける」

【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は2日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が2月9日に韓国で開幕する平昌冬季五輪に選手団を派遣する用意があるとの意向を表明したことを受け「大会組織委員会、韓国政府、北朝鮮オリンピック委員会との緊密な協力を続けていく。北朝鮮指導者のコメントを率直に受け止める」と歓迎する姿勢を示した。
IOCのトーマス・バッハ会長は年頭あいさつで「五輪の目的は対話であり、希望と平和の象徴。この困難な時代に世界が一つとなれる唯一のイベントだ」と述べており、北朝鮮の正式参加が決まれば特別推薦枠の付与を検討するとみられる。

首相が年頭所感、長期政権へ意欲
「改革実行の1年」

 安倍晋三首相は1日付で年頭所感を発表した。昨年の衆院選公約で掲げた「全世代型の社会保障」の実現に決意を示した上で「今年は『実行の1年』だ」と表明した。長期政権をにらみ、9月の自民党総裁選での3選に意欲を見せたと受け止められそうだ。
アベノミクスの成果として名目国内総生産(GDP)や有効求人倍率の改善を列挙し「『1億総活躍社会』を造り上げることができれば、日本は力強く成長できる」と訴えた。
核・ミサイル開発を強行する北朝鮮問題を念頭に「毅然とした外交を展開し、いかなる事態にあっても国民の命と平和な暮らしを守り抜く」とした。憲法改正には言及しなかった。


中国、日本の食品輸入解禁へ協議
10都県産、原発事故後7年近く

 日中両政府は、中国が2011年3月の東京電力福島第1原発事故以降続けている宮城や福島など10都県の日本産食品に対する輸入禁止措置について、撤廃や緩和に向けて本格的に協議する方向で調整に入った。中国側が作業部会の設置を提案した。日中関係筋が31日、明らかにした。これまで日本側が規制緩和を求めても「動きがなかった」(日本政府関係者)が、原発事故から7年近くがたち、中国側から対応を見直す兆候を見せた格好だ。
日中平和友好条約締結40周年を迎え、安倍晋三首相は習近平国家主席と年内の相互訪問を狙っており、首脳会談のテーマとなる可能性もある。

日本産食品の輸入規制


三菱自動車、EVを大幅拡充へ
SUVや小型車、世界展開

 三菱自動車が電気自動車(EV)を大幅拡充する方針を固めたことが2日分かった。2020年以降に発売することを既に決定している軽自動車とスポーツタイプ多目的車(SUV)「RVR」の2車種に加え、別のSUVや小型車のEV発売を検討。中国や東南アジアでも売り出し、電動車両を世界で展開する。
三菱自は09年、他社に先駆けてEVの軽自動車「アイ・ミーブ」の量産を始め、電動車両で先行している。欧州や中国をはじめ各国で環境規制が強まっている状況を踏まえ、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)の車種を増やす。


大阪の主要百貨店で初売り
体験型福袋やイベント充実

 大阪市の主要百貨店で2日、新年の初売りが始まった。阪急百貨店梅田本店(北区)では約7500人が並び、予定より30分早い午前9時に開店した。各店は体験型の福袋や新春のイベントを充実させ、年始商戦を盛り上げた。
阪急梅田本店は、食料品やリビング用品などを詰め込んだ福袋約5万個を用意した。「憧れ体験福袋」と題して、ファッションショーのモデルを体験できる高級ドレス付きの福袋(100万円など)も販売した。
日本一高いビル「あべのハルカス」に入る近鉄百貨店本店(阿倍野区)では、「ひふみん」の愛称で親しまれる将棋棋士の加藤一二三・九段のトークショーなどを開催した。

阪急百貨店梅田本店の初売りで福袋を買い求める客=2日、大阪市


大手百貨店で初売り
福袋やセールでにぎわう

 大手百貨店の高島屋、大丸松坂屋百貨店や三越伊勢丹(一部店舗)で2日、2018年の初売りが始まった。元日に営業を開始したそごう・西武も含め、福袋やセール品を買い求める多くの客でにぎわった。
三越日本橋本店(東京都中央区)では開店前から大勢の客が並び、予定より10分早い午前9時50分にオープン。従業員ら約30人が和服姿で客を迎えた。
午前8時半から夫婦で並んでいた埼玉県草加市の女性(63)は「年に1度の楽しみで、10年くらい毎年来ている。今年は初孫にひな人形を買いたいし、福袋も楽しみ」と話していた。

三越日本橋本店の初売りで福袋を買い求める客=2日午前、東京都中央区


恒例の一般参賀、皇居で
12万人、最後の眞子さま笑顔

 天皇陛下が新年に当たり、人々から祝賀を受ける恒例の一般参賀が2日、皇居で行われた。陛下は宮殿・長和殿のベランダに立ち「少しでも多くの人にとり、穏やかで心豊かな年となるよう願っております。わが国と世界の人々の幸せを祈ります」とあいさつされた。2019年4月30日に退位する陛下と皇后さまは、来年が最後となる。
一般参賀は午前に3回、午後に2回の計5回あり、平成に入って最多の12万6720人が集った。
11月に結婚し皇室を離れる眞子さまにとっては最後で、陛下や他の皇族と共に参賀者に笑顔で手を振っていた。


山陽新幹線、一時運転見合わせ
小倉―博多間の上下線

 2日午後2時40分ごろ、福岡市東区で山陽新幹線の架線にひものような物が引っ掛かっているのが見つかり、JR西日本は小倉―博多間の上下線で一時運転を見合わせた。
JR西日本が飛来物を取り除き、山陽新幹線は午後4時10分ごろ運転を再開した。


航空機に爆発物と脅迫電話
成田の滑走路延伸中止要求

 1日午後4時50分ごろ、成田国際空港会社(NAA)に「爆発物を積んだ。成田空港の滑走路延伸計画を中止しろ」などと、ジェットスター・ジャパンなど複数の格安航空会社(LCC)の便名を挙げた脅迫電話があった。
千葉県警成田国際空港署が名指しされた便を調べたが、爆発物は見つからず、署は悪質ないたずらとみて調べている。ジェットスターは、名指しされた成田発松山行き407便を欠航させた。
署などによると、電話があったのは、成田空港の出発便や到着便の情報が確認できるフライトインフォメーション。録音したとみられる女性の声だったという。


被災地、7度目の新年
復興への思い朝日に誓う

 東日本大震災の被災地は1日、発生から7度目の新年を迎えた。仙台市の津波避難タワーでは避難訓練が行われ、福島県浪江町では初日の出イベントが復活。被災者らは朝日を前に、復興への思いを新たにした。
津波で多くの家屋が流された仙台市宮城野区の新浜地区。住民らが津波避難タワーで避難訓練を実施し、約80人が集まった。
岩手県沿岸を結ぶ第三セクター三陸鉄道は「初日の出号」を運行し、乗客40人が列車から初日の出を拝んだ。
東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示が昨年3月に一部解除された浪江町では、ウオーキングをして初日の出を拝む催しが7年ぶりに開催された。

東日本大震災の慰霊碑が立つ高台から、初日の出を眺める被災者ら=1日午前6時53分、福島県浪江町


紅白、第2部は関東で39・4%
視聴率、ワースト3位

 2017年の大みそかに放送された第68回NHK紅白歌合戦で、トリを含むヤマ場の第2部(午後9時から2時間45分)の関東地区平均視聴率(総合テレビ)は39・4%だった。ビデオリサーチが2日発表した。前年と比べて0・8ポイント減で、2部制となった1989年以降では15年(39・2%)、04年(39・3%)に次いで3番目に低い。
関西地区の第2部の平均視聴率は39・6%(前年比0・1ポイント増)で、89年以降では6番目に低かった。
前半部分となる第1部(午後7時15分から1時間40分)は、関東が35・8%、関西は33・2%だった。

NHK紅白歌合戦に出場し、熱唱する天童よしみさん=2017年12月31日夜、東京都渋谷区のNHKホール


日テレ4年連続で視聴率3冠
ビデオリサーチ調べ

 日本テレビは2日、2017年の年間視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)が、全日(午前6時~翌日午前0時)、プライム(午後7~11時)、ゴールデン(同7~10時)の各時間帯で首位となり、4年連続で「3冠」を達成したと発表した。
日テレによると、全日8・2%、プライム12・0%、ゴールデン12・4%だった。


邦人初の芸術監督指揮で伊で公演
吉田裕史さん

 【ボローニャ共同】イタリアのボローニャ歌劇場フィルハーモニーで日本人初の芸術監督を務める指揮者の吉田裕史さん(49)が1日、北部ボローニャのマンゾーニ劇場で新年コンサートを開いた。今年で3回目。吉田さんは昨年3月まで、日本人として初めてボローニャ歌劇場首席客演指揮者も務めた。
公演では同フィルハーモニーが、ヨハン・シュトラウス2世の「美しく青きドナウ」や、チャイコフスキー「くるみ割り人形」の「花のワルツ」などを演奏。他にイタリアやフランスなど、さまざまな国の作曲家の舞曲も取り上げた。
4階席までを埋めた約千人の観客から「ブラボー」と歓声が上がった。

1日、イタリア北部ボローニャで開かれたコンサートで、新年を祝うメッセージを掲げる指揮者の吉田裕史さん(中央)(共同)


瀬戸内寂聴さんらに朝日賞
北川フラムさんも

 2017年度朝日賞(朝日新聞文化財団主催)は31日までに、作家活動などで女性の地位を向上させてきた作家・僧侶の瀬戸内寂聴さんら4人に決まった。賞金は各500万円。贈呈式は1月31日、東京・内幸町の帝国ホテルで。
その他の受賞者は次の通り。
▽アートディレクター・北川フラムさん(里山や島々を舞台にした芸術祭での地域・文化の活性化)▽理論物理学者・甲元真人さん(「トポロジー」の物性物理学への導入)▽筑波大国際統合睡眠医科学研究機構長・柳沢正史さん(脳内の物質「オレキシン」の発見と睡眠・覚醒に関する研究)


稲垣さん「忘れられない一年」
元SMAP3人が17年振り返る

 元SMAPの稲垣吾郎さん(44)、草なぎ剛さん(43)、香取慎吾さん(40)の3人が東京都内で31日、インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」の番組出演前に取材に応じた。稲垣さんは2017年を振り返り「本当に忘れられない一年となりました。たくさんの方々のお力と愛情をいただき、新しいスタートを切ることができました」と感謝した。
SMAPは16年末に解散。稲垣さんら3人は17年9月にジャニーズ事務所を退社した。
草なぎさんは「(映画出演など)決まっていることをしっかりやっていきたい」と抱負を述べた。


「欅坂46」メンバーが過呼吸
紅白歌合戦に出演、3人とも軽症

 NHK紅白歌合戦で、アイドルグループ「欅坂46」のメンバー3人が31日夜、過呼吸のような症状が出たため、出演後に待機していた看護師の手当てを受けた。
NHKによると、3人は平手友梨奈さんと鈴本美愉さん、志田愛佳さん。いずれも症状は軽く、病院には運ばれておらず回復に向かっている。