Kyodo News

12月30日

日本語メインに戻る
国境の壁受容、改めて要求
米大統領、反移民むき出し

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は29日、ツイッターへの書き込みで、不法移民阻止に向けたメキシコ国境の壁建設を受け入れるよう野党民主党に改めて要求した。合意できなければ、子どもの時に親に連れられて不法入国した移民の若者らの強制送還を猶予する措置の撤回を進めると強調した。
トランプ氏は「何としてでも国を守らなければならない!」とツイート、移民に抽選で米国永住権(グリーンカード)を与えている制度などの撤廃も訴え、反移民の姿勢をむき出しにした。


トランプ氏がアマゾン批判
郵政公社に送料値上げを要求

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は29日、米郵政公社(USPS)がインターネット通販大手アマゾン・コムの宅配を安い配送料で受託しているとして「もっと料金を引き上げるべきだ」とツイッターで訴えた。
アマゾンのベゾス最高経営責任者(CEO)が買収したワシントン・ポスト紙はトランプ氏に批判的な論調で知られ、トランプ氏は同紙などを「偽ニュース」と呼んで敵対姿勢を強めている。
USPSは従業員の年金負担などにより慢性的な赤字を抱え、ロイター通信によると、今年は27億4千万ドル(約3千億円)の赤字を計上した。


イスラエル、ユネスコ脱退を通知
米国に続き

 【エルサレム共同】国連教育科学文化機関(ユネスコ)のアズレ事務局長は29日、イスラエルから正式に脱退通知を受け取ったと明らかにした。脱退時期は2018年末。AP通信などが伝えた。今年10月にユネスコの姿勢が反イスラエル的だとして脱退を発表した米国に続いた。アズレ氏は声明で、イスラエルの決定を「非常に残念だ」と表明した。
イスラエルは今月22日、ユネスコが「ユダヤ人の歴史をイスラエルの土地から切り離そうとしている」などと非難し、今年中に脱退を正式に通知するとしていた。米国の脱退時期も18年末。


米韓軍事演習、延期の可能性も
平昌五輪回避提案でマティス氏

 【ワシントン共同】韓国が来年2月の平昌五輪に重ならないよう米韓合同軍事演習の延期を提案していることについて、マティス米国防長官は29日、「計画変更は常に両国と軍次第だ」と述べ、協議の結果によっては提案を受け入れる可能性もあることを示唆した。国防総省で記者団に語った。
合同演習は例年2~3月に始まるが、来年は五輪やパラリンピックと重なり、北朝鮮の反発を避けるため、韓国側が延期を提案している。マティス氏は「演習日程は常に調整次第だ」と指摘する一方で、現時点で演習自体を中止する考えがないことも示した。

マティス米国防長官(ロイター=共同)


ロシア船も石油移転か、北朝鮮に
ロイター報道

 【ロンドン共同】ロイター通信は29日、ロシア船籍の複数のタンカーが過去数カ月間に少なくとも3度、海上で北朝鮮の船舶に積み荷の石油精製品を移し替えていたと伝えた。安全保障筋の話としている。香港船籍の貨物船による北朝鮮船舶への移転も確認されており、米国が批判を強める可能性がある。
国連安全保障理事会が9月に採択した制裁決議は、海上で北朝鮮の船に積み荷を移すことを禁じている。
情報筋はロイターに対し「(石油移転が)ロシアの支援である証拠はないが、ロシア船は北朝鮮に救いの手を差し伸べている」と話した。


金正恩氏、軍トップ就任6年
「反米対決で勝利の信念不動」

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は30日、金正恩党委員長の軍最高司令官就任6年に際して論説を掲載した。金氏の指導により「わが国の戦略的地位は新たな高みに達した」と核・ミサイル開発の成果を称賛し「最高指導者に従い、反米対決で勝利するというわれわれの信念は不動だ」と強調した。
論説は「わが国を武力で圧殺する米国の恐喝策動は最悪の段階に達している」と指摘しつつ「いかなる制裁や軍事的威嚇でも、われわれの前進を阻むことはできない」と主張した。


国連安保理議場で南北「接触」
閣僚級会合前、数分間会話

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会で15日に北朝鮮の核開発を巡る閣僚会合が開かれた際、北朝鮮の慈成男国連大使と韓国外務省の当局者とみられる男性が議場で数分間、親しそうに言葉を交わす場面があったことが30日までに分かった。両国の対立は深刻化しており、多くの人が見ている場で当局者同士が接触するのは珍しい。
韓国側の関係者は「自然発生的に短い会話があったようだが、安保理のことが話し合われたわけではないと理解している」と述べた。
慈氏らは、それぞれこの日の会合の関係国として、設けられた座席に着く前、会合を傍聴する各国の外交官用のスペースに隣り合って座った。

国連安全保障理事会の議場で、隣に座った韓国外務省の当局者とみられる男性と会話する北朝鮮の慈成男国連大使(左)=15日、ニューヨーク(共同)


LAロングビーチで発砲1人死亡
容疑者も、職場のトラブル原因か

 【ロサンゼルス共同】米メディアによると、カリフォルニア州ロサンゼルス郡ロングビーチで29日午後、法律事務所が入る建物で男が銃を発砲、男性1人が死亡した。ほかに男性1人が病院で治療を受けている。発砲した男は現場で自殺した。
報道によると、容疑者の男は法律事務所の元従業員。職場のトラブルがあったとみられ、警察が動機などを調べている。
現場は日系人も多く住む港湾都市ロングビーチの商業地区。大勢のやじ馬が集まり、現場に急行した捜査車両などを不安そうに見守った。


イランで異例の反政府デモ
複数都市、物価上昇に不満

 【テヘラン共同】イランの複数都市で28、29両日、物価上昇や政府の経済政策などに不満を募らせた市民らによる反政府デモが起きた。いずれも参加者は数十~数百人と小規模だが、強権を握る治安当局が風紀を厳しく取り締まってきたイランでは異例。警官隊が放水などで鎮圧し、一部参加者を拘束した。
穏健派ロウハニ政権は2015年に欧米など6カ国と核合意を結び、16年1月に経済制裁が解除されたが、多くの国民は生活改善を実感できていない。トランプ米大統領が核合意の実効性を認めず合意破棄の可能性もささやかれる中、対欧米対話路線を取る政権の運営は厳しさを増している。


リンゴ・スターさんにナイト爵位
英、ビートルズ2人目

 【ロンドン共同】英政府は29日、エリザベス女王が授与する新年の叙勲名簿を発表、元ビートルズのドラマー、リンゴ・スターさん(77)にナイト爵位が授与されることになった。長年の音楽への貢献や慈善活動が評価された。
ナイトになると「サー」の称号の使用が認められる。ビートルズではポール・マッカートニーさんが1997年にナイトとなっているほか、65年に4人全員が大英帝国第5級勲位(MBE)を得ている。
また3人兄弟のポップグループ、ビージーズのバリー・ギブさん(71)にもナイト爵位を授与。ビージーズはオーストラリアでデビュー、70年代のディスコブームをけん引した。

リンゴ・スターさん(UPI=共同)


スー・チー氏の辞任を要求
ロックバンドU2のボノさん

 【ニューヨーク共同】人気ロックバンドU2のボーカル、ボノさんは、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題を巡りアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相を批判し「辞任すべきだ」と述べた。28日までに米誌ローリングストーン(電子版)とのインタビューに応じた。
ボノさんはスー・チー氏の熱心な支持者として知られ、これまで支援活動もしてきたが、決別を宣言した形。迫害問題について「吐き気がする」と厳しく非難した。
インタビューでボノさんは「民族浄化は実際に起きている。彼女はそれを知っているのだから辞任しなくてはならない」と主張した。


インド伝説の王妃上映延期
「歴史破壊」と大規模デモ

 インド西部ラジャスタン州にあった王国の王妃の伝説に基づいて企画された映画が、「歴史の破壊だ」と批判するカースト団体による大規模デモに遭い、12月1日の封切りが延期された。同州にある城跡では、上映反対のメッセージとともに男性遺体が見つかるなど、影響が広がっている。
映画は「パドマバティ」。メワール王国の王妃パドミニを描いた約500年前の叙事詩に基づいて作られた。ヒンズー教徒の王妃を妻にしようとイスラム教徒の皇帝が王国を侵略するが、王妃は焼身自殺して抵抗したという叙事詩で、王妃は後に住民が神格化した。

インド・ウダイプルで、映画「パドマバティ」に抗議する団体のメンバー=11日(共同)


バレエの大川さんに「新星賞」
モスクワ国際コンクールで1位

 【ウラジオストク共同】ロシア中部カザニのタタール国立歌劇場は28日までに、同歌劇場バレエ団所属の大川航矢さん=青森市出身=にロシアのバレエ専門誌が選ぶ「踊りの魂賞」の「新星賞」が授与されると発表した。大川さんは、今年のモスクワ国際バレエコンクールでシニア男性部門デュエット1位に輝いた。
踊りの魂賞は過去に、日本バレエ協会会長を務め、24日に死去した薄井憲二さんや、モスクワのボリショイ・バレエ団で第1ソリストとして活躍し、現在は東シベリア・ウランウデの国立劇場でバレエ団芸術監督を務める岩田守弘さんにも贈られている。

大川航矢さん


インド版AKB新グループ発足へ
ムンバイ拠点の「MUM48」

 アイドルグループ「AKB48」の運営会社は28日までに、インドのムンバイを拠点とする新たな姉妹グループ「MUM48」を発足させることを発表した。
AKB48の海外姉妹グループは現在、インドネシア・ジャカルタの「JKT48」、タイ・バンコクの「BNK48」、台湾・台北の「TPE48」、フィリピン・マニラの「MNL48」が活動している。

朝鮮半島有事で自衛隊の対応検討
米朝衝突やミサイル着弾想定

 安倍政権は、北朝鮮問題を巡って朝鮮半島で軍事衝突が起きた場合に備え、自衛隊の対応に関するシミュレーションづくりに着手した。安全保障政策の司令塔となる国家安全保障会議(NSC)が主導する。安全保障関連法に基づく「事態」別に、米軍との連携や自衛隊の具体的な対処を検討する。米軍による北朝鮮への先制攻撃や北朝鮮軍の韓国侵攻、両軍の偶発的な衝突、北朝鮮ミサイルの日本着弾などへの対応を想定している。政府筋が30日明らかにした。
北朝鮮への国際的圧力が強まる中、NSCが中心となり政権全体として万全を期す必要があると判断した。

NSCが想定する主な朝鮮半島有事


政府、シリアへの支援を強化
復興へ23億円の無償資金協力

 日本政府は30日、内戦で荒廃したシリアへの支援を強化する方針を固めた。シリアと、約66万人の同国難民を受け入れているヨルダンの2カ国を対象に、総額約2100万ドル(約23億円)の無償資金協力を近く実施する。中東諸国との関係強化を目指す河野太郎外相の意向を踏まえた。
今回の協力で、2017年の日本の対シリア支援総額は1億ドルを超える。過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討が完了したと伝えられるシリアの復興を後押しし、人道分野での国際貢献をアピールする狙いがある。
対シリア支援では、国連開発計画(UNDP)を通じて約600万ドルを供与する。


安倍首相、2日連続でゴルフ
「気分転換できた」

 安倍晋三首相は30日、神奈川県茅ケ崎市のゴルフ場で、古森重隆富士フイルムホールディングス会長や昭恵夫人らと趣味のゴルフを楽しんだ。ゴルフは29日に続いて2日連続。快晴の下、記者団に気分転換できたかを問われ「富士山が見え、1年の締めくくりにちょうど良い。相当リフレッシュした」と笑顔を見せた。ゴルフの調子は「まあまあ」と語った。
首相は29日から東京都内のホテルで年末年始の休暇に入った。映画観賞にも出掛ける予定だ。


農水省、持ち主不明農地賃貸促す
利用権10年以上、法改正で

 農林水産省は30日、相続登記がなされず持ち主がはっきりしない農地を担い手に貸しやすくする対策の骨格を固めた。現在は大勢の相続人を探し出して同意を得なければならないが、各都道府県にある仲介機関の農地中間管理機構(農地バンク)に耕作者らが貸す際は手続きを簡素にする。借り手が安心して営農できるよう、農地バンクなどに利用権を設定できる期間は現在の5年から10年以上に延ばす。
賃貸後に新たな相続人が現れた場合、お金の支払いで利害対立を防ぐ仕組みも整える。高齢化が進む中、意欲のある農家への農地集積を促す狙いがあり、来年の通常国会に農地法などの改正案を提出する。


正月消費は拡大傾向の見通し
高齢者を中心に、金融機関調査

 年末年始は少し奮発も―。金融機関などの調査によると、旅行やお年玉といった2018年の正月関連の消費が前年よりも拡大する見通しだ。景気回復や株高を背景に、高齢者を中心に財布のひもが緩んでいるようだ。
契約者を対象とした日本生命保険の調査では、年末年始に旅行や飲食、買い物に使う予算は平均7万2千円と前年に比べて2千円上昇した。年代が上がるにつれて予算は大きくなり、70代は1万3千円増の9万2千円となった。
お年玉相場も上がっている。あおぞら銀行が50~70代に行ったアンケートによると、小学生の孫に渡すお年玉の想定額は平均8100円で、前年を200円上回った。

日本橋三越本店のおせちの特設売り場=19日、東京都中央区


期限切れオフィスソフト30万台
トレンドマイクロ調査

 トレンドマイクロは30日までに、10月10日にセキュリティー対策の提供などのサポートが終了した米マイクロソフトのビジネスソフト「オフィス2007」が、11月時点で少なくとも国内30万台のパソコンで継続して使用されているという調査結果を明らかにした。
サポートが終了すると、ソフトの不具合が新たに見つかっても修正ソフトは提供されない。トレンドマイクロは、パソコンの乗っ取りや情報漏えいの危険性が高まるとして、最新版ソフトへの買い替えといった対策を促している。
調査は同社の個人向けセキュリティー製品の利用者の一部が対象。実際の利用者はさらに多いとみられる。


成田で2日続けて同じ部品脱落か
アメリカン航空機も

 30日午後4時ごろ、成田空港に到着した米ダラス発のアメリカン航空61便ボーイング777の着陸後点検で、主翼に取り付けられたゴム製部品(長さ約85センチ、幅約2センチ、重さ約350グラム)がなくなっているのに担当者が気付いた。成田空港では29日にも、香港発のキャセイパシフィック航空の同型機で同じ部品の脱落が判明している。
国土交通省成田空港事務所によると、主翼の一部を保護する部品。飛行中に脱落したとみられ、アメリカン航空が原因を調べている。


中高年ひきこもり、来年度初調査
40~59歳対象に内閣府

 ひきこもりの長期化、高年齢化が深刻となる中、内閣府は2018年度に、40~59歳を対象にした初の実態調査を行うことを決めた。これまでは若者特有の問題として調査対象を39歳までに限っていたが、中高年層にひきこもり状態の人がどの程度いるかや生活状況、抱えている課題を把握し、支援に役立てる狙い。18年度予算案に調査費2千万円を計上した。
ひきこもりが長期化すると親も高齢となり、収入が途絶えたり、病気や介護がのしかかったりして、一家が孤立、困窮するケースが顕在化し始めている。


プロゴルフの中村通容疑者を逮捕
ひき逃げ疑い、兵庫・宝塚

 兵庫県警宝塚署は10日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで同県宝塚市、プロゴルファー中村通容疑者(67)を逮捕した。
逮捕容疑は9日午後6時15分ごろ、宝塚市中筋の県道を乗用車で右折する際、男子大学生(25)の自転車に接触して軽傷を負わせ、そのまま立ち去った疑い。容疑を認めている。
宝塚署によると、県道脇の入浴施設に入ろうと右折した際に接触。施設の防犯カメラに車から降りる姿が写っていた。
日本ゴルフツアー機構(JGTO)のホームページによると、中村容疑者は17歳でプロテストに合格し、国内ツアーなどで活躍した。


佐賀城跡の国重文の門に油か
液体垂らしたような跡

 佐賀城跡(佐賀市)の国重要文化財「鯱の門」に油のような液体がかけられた跡が見つかり、佐賀南署が捜査していることが30日、分かった。文化財保護法違反や器物損壊の疑いがあるとして、成分を調べている。
署などによると、県教育委員会の職員が21日に見つけた。門の南側にある木製の柱と基礎部分を覆う銅板に、高さ1メートル、幅0・5メートルほどの範囲に液体を垂らしたような跡があった。銅板にはっきりと跡が残っていたことから、油や糖分を含むジュースの可能性があるという。
鯱の門は江戸時代後期の1838年に造られ、現在は県立佐賀城本丸歴史館の出入り口となっている。

油のような液体がかけられた佐賀城跡「鯱の門」の柱=30日午前、佐賀市


尖閣周辺、中国船が一時領海侵入
今年29日目

 30日午前9時ごろから、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に中国海警局の船3隻が相次いで侵入し、約1時間40分航行して領海外側の接続水域に出た。中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは24日以来で、今年29日目。
第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海から出るよう巡視船が警告した。

沖縄県・尖閣諸島


韓国・慰安婦財団、理事5人辞意
事実上の事業停止も

 【ソウル共同】従軍慰安婦問題を巡る2015年末の日韓合意に基づき、韓国政府が元慰安婦らを支援するために設置した「和解・癒やし財団」の理事8人のうち、民間の5人全員が辞表を提出していたことが30日、関係者の話で分かった。財団の運営が事実上停止する可能性もある。
韓国側からは財団解散や日本政府が拠出した10億円を返還すべきだとの声も出ている。文在寅大統領は28日、慰安婦問題は日韓合意で解決できないと表明しており、日本が求める合意履行が一層遠のくのは確実な情勢だ。
辞表は26日付で、康京和外相直属の作業部会は27日に日韓合意の検証結果を発表した。

ソウルの日本大使館前に設置された少女像。後ろには「(日韓合意は)無効」との文字が掲げられている=30日(共同)


大賞は「インフルエンサー」
レコ大、乃木坂46が初受賞

 第59回日本レコード大賞(日本作曲家協会など主催)の発表会が30日、東京都渋谷区の新国立劇場で開かれ、大賞はアイドルグループ「乃木坂46」の「インフルエンサー」に決まった。乃木坂46は初受賞。
最優秀新人賞は、9人組女性アイドルグループの「つばきファクトリー」が選ばれた。
特別賞は来年9月の引退を表明した安室奈美恵さんらに、同日までに贈られた。

日本レコード大賞を受賞した「乃木坂46」=30日、東京都渋谷区の新国立劇場(TBS提供)


仏像クリーニングに補助金
文化庁、美観保ち劣化も防止

 文化庁は2018年度から、国宝や重要文化財に指定されている仏像などに付いたかびやさび、ほこりを除去する費用の補助を始める。クリーニングで美観を保ち観光資源としての価値を守るとともに、劣化を遅らせる狙いがある。
文化庁によると、かびやさびは薬剤で除去したり進行を抑えたりし、ほこりは筆などで払い、掃除機で吸い込む作業が必要。定期的に専門業者へ依頼するのが望ましいが、仏像の数が多い寺などでは費用負担が重く、放置される例もある。
仏像のほか掛け軸などの美術工芸品も対象にし、200万円以上かかった場合、半額を所有者に補助する。18年度予算案に8千万円を計上した。


「GOLFコミック」休刊
ちばてつやさんが表紙描く

 秋田書店(東京)が発行し、漫画家ちばてつやさんが30年以上にわたって表紙を描き続けた月刊ゴルフ漫画雑誌「GOLFコミック」が、28日発売の2018年2月号で休刊することが同日、分かった。
1984年9月に創刊。「昨今のゴルフ環境、市場環境の変化の中、一定の役割を終えたとの決断に至った」と、2月号の誌面で休刊の理由を説明している。
ちばさんは、創刊号から表紙イラストを担当。同誌に「何とも言えない寂しさを感じている。GOLFは人生と一緒だ。その時その時の精一杯、ベストを尽くそうと頑張るゴルファーたちを楽しんで描いて来たつもりだ」などとのコメントを寄せた。


奈良・興福寺国宝館リニューアル
1年ぶり、拝観は元日から

 奈良市の興福寺で28日、耐震改修工事を終えリニューアルした国宝館が報道陣に公開された。拝観は来年1月1日からで、奈良、平安、鎌倉各期の仏像や名品が1年ぶりに一堂に会する。
高さ約5メートルの千手観音菩薩立像や、絵画と彫刻の要素がある板彫十二神将立像(いずれも国宝)は久々の登場。工事の間、東金堂や仮講堂に移されていた銅造仏頭や阿修羅像も安置される。
国宝館は僧侶が食事をする「食堂」があった場所に、1959年に建てられた。工事では壁を増やして耐震性を上げたり、仏像を安置する須弥壇を強化したりしたほか、レイアウトや照明を工夫し、より荘厳な雰囲気を作り出した。

リニューアルした国宝館。手前は千手観音菩薩立像=28日午前、奈良市の興福寺