Kyodo News

12月12日

日本語メインに戻る
サンフランシスコ市長が死去
慰安婦像受け入れ署名

• 【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州サンフランシスコ市のエドウィン・リー市長(65)が12日未明、市内の病院で死去した。市関係者によると死因は心臓発作だった。地元紙サンフランシスコ・クロニクルなどが報じた。
• リー氏は11月22日、民間団体から市への旧日本軍の慰安婦問題を象徴する少女像の寄贈を巡り、市議会の決議後、受け入れを決める文書に署名。反発する大阪市の吉村洋文市長は姉妹都市提携の解消を表明した。安倍晋三首相も「極めて遺憾」と述べ、日本政府として決議拒否を求めていた。

米カリフォルニア州サンフランシスコ市のリー市長=1月31日、サンフランシスコ(ロイター=共同)


米記者会見、偽ニュース巡り緊迫
報道官とメディアが火花

• 【ワシントン共同】「メディアは誤報を意図的に流し、責任も取らない」と米大統領報道官が非難すると、記者は「ミスと偽ニュースは違う」とやり返した。ホワイトハウスで11日に開かれた記者会見で、トランプ大統領がメディアを「偽ニュース」と攻撃していることを巡り報道官と記者らが火花を散らし、会場は緊迫した。
• 米メディアは最近、政権に批判的な報道の内容が誤りと判明するケースが続出し、トランプ氏から激しく攻撃されている。9日にはワシントン・ポスト紙の記者がトランプ氏の集会で空席が目立つかのような写真をツイッターに投稿した後、集会開始の数時間前の写真と分かり謝罪した。

11日、米ホワイトハウスで記者会見するサンダース大統領報道官(ゲッティ=共同)


米軍、トランスジェンダー容認へ
大統領は入隊を禁止

• 【ワシントン共同】米国防総省は11日、心と体の性が異なるトランスジェンダーの米軍入隊を来年1月1日から受け入れる方針を示した。トランプ大統領は入隊禁止を指示していたが、国防総省は「来年1月の受け入れ開始を命じる司法判断が出ている」と説明した。
• サンダース大統領報道官は記者会見で「国防総省は司法判断に従うための準備をしている」と説明した。同時に「大統領の指示が実行されるよう、司法省が選択肢を検討している」と述べた。
• オバマ前政権の方針を受けた入隊受け入れは今年7月の開始が見込まれたが、国防総省が延期を発表。その後、トランプ氏が入隊禁止を指示していた。


北朝鮮非核化に「楽観的」
ティラーソン米国務長官

• 【ワシントン共同】ロイター通信は12日、米高官の話として、ティラーソン国務長官が同日「対話による北朝鮮の非核化に楽観的な見通しを持っている」との意見を表明する予定だと伝えた。北朝鮮との対話を巡っては、ロシアが実現へ向けて協力を申し出ている。
• 内戦が続くシリア情勢に関しては「アサド大統領に果たすべき役割はない」とあらためて退陣を求める方針という。
• 国務長官更迭の観測が広がるティラーソン氏だが、高官はティラーソン氏について「長官にとどまるつもりか」と問われれば「彼は『イエス』と答えるだろう」と語ったという。


中国、反腐敗の絵文字公開
成果強調もネットで不評

• 【北京共同】中国共産党中央規律検査委員会は12日までに、習近平総書記(国家主席)が推進する反腐敗運動をイメージした会員制交流サイト(SNS)向けの絵文字を公開、積極的な活用を呼び掛けている。運動の成果を若者らにアピールする狙いだが、インターネット上では「使い道が不明」などと否定的な声が相次いでいる。
• 同委員会は3日、税金の浪費を戒めるために党が定めた「8項目の規定」の成果をテーマにした16の絵文字をウェブサイトに公開した。

中国共産党中央規律検査委が公開した反腐敗運動をイメージしたSNS向けの絵文字=7日、北京(共同)


•ロシア、トルコ首脳が会談
•首都認定で改めて米を批判

• 【イスタンブール共同】ロシアのプーチン大統領は11日夜、トルコの首都アンカラを訪れ、エルドアン大統領と会談した。両大統領は会談後の共同記者会見で、トランプ米政権がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを改めて批判。プーチン氏はイスラエルとパレスチナの直接対話を通じてエルサレムの地位問題を解決すべきだと語った。
• プーチン氏は米政権の決定が中東地域を不安定にしていると指摘。エルドアン氏はエルサレム問題でトルコとロシアの立場は同じだとし、イスラエルがこの機にパレスチナへの「暴力を強めている」と非難した。


シリアから帰還とロシア国防省
必要なら過激派へ攻撃継続

• 【モスクワ共同】ロシア国防省は12日、シリアに駐留していた軍警察の大隊がロシアに帰還したと発表した。国営テレビは撤退の第1陣としている。ペスコフ大統領報道官は12日、ロシア軍の大規模駐留の必要はなくなったが過激派が再び台頭する恐れが残っており、今後も必要なら攻撃すると説明した。インタファクス通信などが報じた。
• 連邦保安局(FSB)のボルトニコフ長官は12日、シリアでの過激派組織「イスラム国」(IS)掃討の終了により、ISに加わっていたロシア出身の戦闘員が帰国し、国内でテロを引き起こす恐れがあると指摘した。

12日、シリアからロシア南部ダゲスタン共和国に帰還した軍警察部隊(タス=共同)


ロシア、反政権サイト閲覧禁止に
当局、大統領選を控え

• 【モスクワ共同】ロシア当局は12日までに、プーチン大統領の政敵だったホドルコフスキー氏や、同氏が設立した反政権の政治団体「開かれたロシア」の公式ウェブサイトを閲覧できないようにする措置を取った。来年3月の大統領選を前に、プーチン大統領を批判する野党勢力を抑え込む狙いとみられる。
• 「開かれたロシア」は4月29日にロシア各地でプーチン政権への抗議デモを主催。当局は警官を大量動員し、参加者らを相次いで拘束していた。
• 石油大手ユコス(破綻)の社長だったホドルコフスキー氏はプーチン氏と対立して脱税容疑に問われ、約10年間服役。今は欧州を拠点に活動している。


トランプ氏のセクハラ告発
女性ら会見、議会調査要求

• 【ワシントン共同】トランプ米大統領からセクハラされたと訴える女性3人が11日、ニューヨークで記者会見し、連邦議会に調査を求めた。女性らは昨年の大統領選中にもメディアに同様の告発をしたが、トランプ氏は女性らの主張をいずれも否定している。
• 記者会見した3人のうち1人は、トランプ氏が飛行機の中で女性の胸をつかみ、手をスカートの中に入れようとしたと主張。別の女性はトランプ氏が同意なしにキスをしたと訴えた。
• トランプ氏に対しては大統領選中からセクハラの告発が相次ぎ、被害を受けたという女性は十数人に上る。

トランプ米大統領からセクハラされたと訴え、記者会見する女性3人=11日、米ニューヨーク(AP=共同)


米上院補選、セクハラ問題が争点に
接戦のアラバマ州

• 【ドーサン共同】共和党の牙城である米南部アラバマ州で12日、連邦上院補選が実施された。楽勝が予想された共和党候補ロイ・ムーア元州最高裁長官に未成年者へのわいせつ疑惑が浮上し、民主党候補ダグ・ジョーンズ元連邦検事が猛追。自らも複数の女性から性的被害を告発されているトランプ大統領がムーア氏を公然と支持し、事実上の一騎打ちとなった選挙でセクハラ問題が重要な争点となっている。
• 同州選出の上院議員だったセッションズ氏の司法長官就任に伴う選挙。ムーア氏はキリスト教による統治など過激な思想を掲げ、9月の共和党予備選で党指導部が後押しする候補を大差で破った。


性的被害告発は「偽ニュース」
米、わいせつ疑惑候補が怪気炎

• 【ドーサン共同】性的被害の告発は「偽ニュース」―。未成年へのわいせつ疑惑の渦中にある米アラバマ州連邦上院補選の共和党候補ロイ・ムーア氏は11日夜、選挙前の最後の集会で怪気炎を上げた。トランプ政権を去ったバノン前首席戦略官兼上級顧問も駆けつけ、ムーア氏を批判する党主流派らをこき下ろした。
• 州南東部ドーサン近郊。登壇したムーア氏は一連の疑惑を、非主流派の排除を狙うワシントンの政治勢力やメディアの陰謀だと改めて主張した。「アラバマは固有の権利を守る。外部に指図されない」と呼び掛けると、歓声が湧き起こった。

11日、米アラバマ州の集会に参加した、連邦上院補選の共和党候補ロイ・ムーア氏を支持する女性(共同)


持続可能な開発へ道筋示す
アジア・太平洋水サミット

• 【ヤンゴン共同】20カ国以上の代表が洪水対策や水資源の確保など水に関連した幅広い問題を話し合う「第3回アジア・太平洋水サミット」は12日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンで2日目の会合を開き、持続可能な開発に向けた水の安全保障のために各国が取るべき道筋を示す「ヤンゴン宣言」を採択、閉幕した。
• 宣言は、国連が2030年までの達成を目指す「持続可能な開発目標(SDGs)」よりも5年早い25年までに「アジア太平洋地域で、全ての人に安全で手頃な飲み水と衛生施設を提供する」ことなどに具体的に取り組むとうたった。


EU、カンボジア選挙支援を停止
野党解党で

• 【プノンペン共同】欧州連合(EU)は12日、カンボジアの最高裁が最大野党カンボジア救国党の解党を決めたことを受け、同国選挙管理委員会に対する援助を停止することを決定したと発表した。
• EUは解党について、2013年の前回下院選などで救国党に投票したカンボジア国民の選択を否定する行為と非難。救国党不在で実施される18年の下院選は「正当とはみなされない」と指摘した。
• 11月の解党決定を受け、米国は既にカンボジア選管への支援停止の方針を発表している。


亡命に数人不同意の可能性
北朝鮮、国連が本格調査へ

• 【ソウル共同】昨年4月、北朝鮮が中国内に設けたレストランから男性支配人1人と12人の女性従業員が韓国へ亡命した問題に絡み、北朝鮮人権問題を担当する国連のキンタナ特別報告者が、数人の女性が亡命に同意していなかった可能性を指摘する内容の報告書を国連総会に提出していたことが12日分かった。
• キンタナ氏は同日、ソウルで韓国の弁護士グループと会い、この問題に強い関心を持っており訪朝して女性らの家族と面談したいと述べ、本格的な調査を行う意向を示した。面談した張慶旭弁護士が明らかにした。

韓国に亡命した、北朝鮮が中国に設けたレストランの支配人と従業員(韓国統一省提供・共同


世銀が石油とガスへの融資停止へ
最貧国向け融資は「例外」

• 【パリ共同】地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」の推進を目指し、12日に開いた首脳級会議「ワン・プラネット・サミット」で、世界銀行は「石油・ガス田の探査、開発事業への融資を2019年で基本的に打ち切る」とする声明を発表した。
• 世界のエネルギー源を温室効果ガスの発生源となる石油、ガスから再生可能エネルギーに移行させる狙いがある。一方、経済的な自立のため、他の手段を持たない最貧国向け融資については「例外」として検討の余地を残すとしている。
• フランスのメディアによると、世銀の石油・ガス産業向け融資は16年に16億ドル(約1800億円)だった。


アップル、音楽アプリ買収
配信強化、450億円か

• 【ニューヨーク共同】米アップルは音楽検索アプリ「Shazam(シャザム)」を運営する英企業の買収で合意に達した。英企業側が11日、明らかにした。アップルは音楽配信事業を強化し、スウェーデンの同業大手スポティファイに対抗する。米テクノロジー系メディア「テッククランチ」は買収額が約4億ドル(約450億円)と伝えた。
• アップルは「(音楽配信サービスの)アップルミュージックとシャザムは楽曲検索などで自然にかみあう。エキサイティングな計画を用意しており統合を楽しみにしている」と説明。シャザムも「アップルの一部となることに合意しわくわくしている」との声明を出した。


アメックス、サイン不要に
来年4月から、マスターも

• 【ニューヨーク共同】米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)は11日、来年4月から、世界の提携店で、買い物の際のサイン記入を不要にすると発表した。支払い迅速化と店舗側の負担軽減が狙い。
• 同業のマスターカードも来年4月以降、米国とカナダで同様の措置を取る。ディスカバー・ファイナンシャル・サービシズも同じ時期に米国、カナダ、メキシコなどでサイン記入を不要にする。


シンガポールで「EV」シェア
渋滞緩和、千台規模に

• 【シンガポール共同】フランスの輸送・通信大手ボロレ・グループの子会社は12日、シンガポールで電気自動車(EV)によるカーシェアリング事業「ブルーSG」を始めた。国土が狭いため政府が渋滞緩和策として車の個人所有を減らし、公共交通機関の利用を推進しており、事業はこの施策の一環だ。
• ボロレはフランスや米国でも同様の事業を実施。シンガポールではまず80台で始め、2020年までに千台規模に増やし、「パリに次ぐ世界2番目のEVカーシェアリング事業に育てる」としている。
• 月定額15シンガポールドル(約1260円)で年間会員になれば、1分当たり33セントで利用できる。


オスロで折り鶴など被爆資料公開
ノーベル平和センター

• 【オスロ共同】「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のノーベル平和賞受賞を受け、ノルウェー・オスロのノーベル平和センターで12日、被爆資料の一般公開が始まった。日本原水爆被害者団体協議会(被団協)が寄贈した証言集や、藤森俊希事務局次長(73)が持参した折り鶴も飾られた。
• 折り鶴は藤森さんの地元・長野県の仲間や被団協関係者から託されたもので、「被爆者を見守り、核兵器のない世界を代表するもの」として現地に持ってきた。前日の開幕式展に参加した際、千羽鶴になったものを平和センター幹部に渡していた。藤森さんは「すぐに壁にかけてくれた」とうれしそうに話した。


米朝のバスケット試合を計画
ロッドマン氏、来年2月

• 【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と親交のある米プロバスケットボールNBAの元スター選手、デニス・ロッドマン氏は12日、米朝両国の緊張を緩和するため、米領グアムと北朝鮮のバスケットチームの試合を来年2月ごろに開く方向で準備を進めていると明らかにした。北京で共同通信などに語った。
• 北京での開催を計画し、グアムと中国側からは前向きな反応があったという。北朝鮮側も参加を決めれば「(緊張緩和に向け)大きな一歩となる」と述べた。
• ロッドマン氏は「スポーツは米国と北朝鮮が意思疎通する良い方法だ」と強調。金氏について「戦争は望んでいない。」との見方を示した。


NYテロ容疑者、爆弾にくぎ
殺傷力高める

• 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク市の地下鉄駅付近で起きた爆弾テロで、アカエド・ウラー容疑者(27)の体に巻き付けられた状態で爆発したパイプ爆弾に複数のくぎが詰め込まれていたことが捜査当局の調べで分かった。複数の米メディアが11日報じた。容疑者が爆弾の殺傷能力を高めるために入れたとみて捜査当局が調べている。
• パイプ爆弾は容疑者の手製で性能が低く、完全には爆発しなかった。当局は全て爆発していれば、被害がさらに拡大した恐れがあるとみている。
• ニューヨーク市警は12日、テロ行為を支援した容疑などでウラー容疑者を訴追したと発表した。

負傷したニューヨークのテロ容疑者を救急車に運ぶ警察関係者ら=11日、ニューヨーク(CRAIG RUTTLE氏撮影、ニューズデー提供、AP=共同)


「イスラム国」に忠誠と容疑者
NY爆弾テロ、米報道

• 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク市の地下鉄駅付近で起きた爆弾テロで、CNNテレビは11日、拘束された実行犯アカエド・ウラー容疑者(27)が捜査当局に対し、過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う発言をしたと報じた。ISと直接接触していたとの情報はないといい、捜査当局はISの思想に傾倒した経緯について捜査を進めている。
• 同市で10月に発生した8人が死亡した車両テロを実行した被告もISの影響を受けていた。ISの思想に触発されたとみられるテロが続いており、当局は警戒を強めている。

アカエド・ウラー容疑者(ロイター=共同)


「イスラム国」戦闘員アフリカへ
6千人が帰還の恐れ

• 【ヨハネスブルク共同】アフリカ連合(AU)高官は12日までに、シリアやイラクで過激派組織「イスラム国」(IS)に参加したアフリカ出身の戦闘員、最大約6千人が母国に戻る恐れがあると明らかにした。治安上の脅威になるとしてアフリカ諸国が連携して対策を取るよう呼び掛けた。
• フランス公共ラジオが、AUで治安や和平を担当するチェルギ氏の発言として報じた。
• チェルギ氏によると、ISに加わった外国人戦闘員約3万人のうち約6千人がアフリカ出身だった。母国への帰還が「安全保障上の深刻な脅威になる」と指摘した。


中国明朝の木塔「霊官楼」全焼
アジア最高81メートル、再建中

• 【北京共同】中国メディアによると、四川省綿竹市の九竜寺で12日までに、明朝時代に起源を有する木造の塔「霊官楼」がほぼ全焼する火災があった。死傷者はなかった。中国紙は「アジアで最も高い木造の塔」としている。
• 火災は10日に発生、約4時間後に消し止められた。中国紙、新京報によると、霊官楼は高さ81メートル。2008年の四川大地震で損壊し、再建が進められていた。インターネット上に投稿された動画では、十数階建ての塔が炎に包まれ、上部から焼け落ちた。
• 出火元の本堂から燃え広がったとみられており、当局が詳しく調べている。

炎に包まれる九竜寺の木造の塔「霊官楼」=10日、中国四川省綿竹市(共同)

政府、ミサイル避難施設拡充へ
北朝鮮発射に備え、収容数集計も

• 政府は北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、国民保護法に基づく避難施設の数を増やす方針を固めた。既に指定されている学校など全国約9万カ所の避難施設については収容人数を集計する。政府関係者が12日、明らかにした。施設数の拡充とともに収容規模の明確化によって、武力攻撃などに備えて住民や自治体が避難計画を立てやすくする狙いがある。
• 内閣官房によると、今年4月現在、都道府県知事が指定した避難施設は9万1735件ある。


地上イージス1基1千億円
防衛省、自民部会で説明

• 防衛省は12日、自民党の国防部会などの合同会議で、北朝鮮からの弾道ミサイル防衛(BMD)の強化策として2基導入する地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」について、取得費が1基当たり1千億円弱と説明した。レーダーなど装備の性能によりさらに高くなる可能性もあるとした。政府は関連費用を2017年度補正予算案に計上する。
• 小野寺五典防衛相は12日の記者会見で「今後どのくらいの費用がかかるか調査する」と述べた。
• 合同会議では、航空自衛隊戦闘機に搭載する3種類の長距離巡航ミサイルを新たに導入する防衛省の方針を了承した。


憲法前文は「コピペ」
中曽根元外相が発言

• 自民党の中曽根弘文元外相は12日、大阪市で開かれた柳本卓治参院議員のパーティーで、日本国憲法の前文について「各国の憲法を参考にして引用してきた。つぎはぎで作ったのが今の憲法の前文。いわゆる今風に言うとコピペ(文章の切り貼り)だ」と述べた。
• 中曽根氏は前文の「平和を愛する諸国民」の表現を挙げ、「周りの国は平和を愛し、それを信用してという文だが今はどうか」と指摘。「日本民族の在り方やこの国の方向性を書くのが前文。これも直さないといけない」と強調した。


パリ協定、先進技術で日本は貢献
河野外相が首脳級会議で演説

• 【パリ共同】河野太郎外相は12日午前(日本時間同日夕)、パリ郊外で開かれた首脳級会議「ワン・プラネット・サミット」で演説し、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」の推進に向け、先進技術に関する分野で日本が貢献していく考えを表明した。
• 同時に、温暖化の影響を受けやすい途上国を支援する「緑の気候基金」の主要拠出国として、協力を拡大すると明言。2018年中に日本で途上国の温暖化対策に関する国際会議を開催すると明らかにした。
• 温暖化対策を巡っては、20年の東京五輪・パラリンピックを水素社会実現に向けた機会にしたいとの考えを示した。


民進地方議員6人が離党届、大阪
立憲へ入党意向

• 民進党大阪府連に所属する地方議員6人が12日、離党届を提出した。全員立憲民主党へ入党する意向という。関係者が明らかにした。
• 関係者によると、6人は高槻市議5人と島本町議1人。民進府連は今後、受理するかどうかを決める。
• 立憲民主は11月に大阪府連を設立。2019年の統一地方選を見据え、府内の民進地方議員の入党希望者を全員受け入れる方針を示している。


民進、13日に「解党」協議
大塚氏、年内結論目指す

• 民進党は13日、大塚耕平代表ら幹部がそろう常任幹事会を開き、解党を含む党再生策を巡って協議する。解党した上での新党結成のほか、他党との合流、党名変更などの選択肢を示して論議。執行部は14日以降も、両院議員懇談会や地方組織の幹部を集めた会合で話し合いを重ね、年内にも意見集約したい考えだ。再生策の結論を出せるかは不透明で、混迷がさらに深まる可能性もある。
• 大塚氏は12日、常任幹事会で複数の再生策を示すと説明。その上で「常任幹事会だけで決められない。地方組織の同意も必要だ」として、幅広く意見を聴取する意向を明らかにした。


大阪市議会、米慰安婦像に反対
SFと姉妹都市解消、週内決定へ

• 大阪市議会は12日、米サンフランシスコ市が旧日本軍の慰安婦問題を象徴する少女像を受け入れたことに反対する決議を大阪維新の会、自民、公明両党などの賛成多数で可決した。国に対し、少女像の撤去に向け継続的に取り組むよう求める意見書も採択した。
• 吉村洋文市長は受け入れに反発してサンフランシスコ市との姉妹都市関係の解消を表明しており、記者団に「市議会が反対の意思表示をしたことは大きい」と述べ、週内に幹部会議を開いて解消を正式決定する意向を示した。
• 決議は、慰安婦問題の解決に関する日韓合意の精神を傷つけるものだと指摘。「大変遺憾で看過できるものではない」と抗議した。


熊本市長、両立支援に意欲
子連れ市議の準備不足指摘

• 乳児の長男を連れて議会に出席しようとした緒方夕佳市議(42)に熊本市議会が文書で厳重注意したことに関し、大西一史市長(50)は12日の定例記者会見で「(緒方市議は議事進行の妨げとならないよう)十分な手続きをすべきだった」と準備不足があったとの認識を示した。一方「育児と仕事の両立支援は重要だ」とも述べ、行政サービスとしての関連支援策の充実に意欲を示した。
• 市長は、議会の運営や規則に関してはコメントを避けたが、自身が熊本県議を務めた経験を踏まえ「議会運営委員会に正式に要請を出すなど、他の議員にも理解を得られるような手続きが考えられた」と述べた。


朝鮮半島から漂流船176件
首相「対応に万全期す」

• 政府は12日の閣議で、朝鮮半島からと推定される漂流・漂着木造船について2014年からの3年間で176件を確認しているとした答弁書を決定した。安倍晋三首相(自民党総裁)は党役員会で「菅義偉官房長官の下で情報を集約している。政府としても万全を期していきたい」と述べた。党は岸田文雄政調会長を座長とする対策チームを設置した。
• 答弁書では14年からの3年間で、漂流した木造船からの生存者を5人発見しており、漂流した経緯を巡り事情聴取したことも明らかにした。
• 答弁書は、過去3年間に北朝鮮漁船が日本海沿岸に漂着した数を尋ねた立憲民主党の逢坂誠二衆院議員に答えた。


担当相、五輪食材の料理を試食
認証普及をアピール

• 鈴木俊一五輪相は12日、2020年東京五輪・パラリンピックの選手村で提供可能な農産物を使った料理を文部科学省の職員食堂で試食した。選手村で出せるのは国際規格や日本版の認証を得た農場の作物に限られるが、国内農家の認証取得は遅れている。国産食材を選手に安定供給するため、認証の普及をアピールする狙いがある。
• 試食メニューはマグロとカツオの丼、みそ汁、白菜の浅漬けで、いずれも基準を満たした食材を使用。約10分で完食した鈴木氏は「東京大会で日本の食材の安全性を広めたい。国内農家が認証を取得するきっかけになってほしい」と記者団に語った。


IOC委員、東北3県食材に舌鼓
公式夕食会で

• 2020年東京五輪の準備を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会を迎え、大会組織委員会などが12日に東京都内で開いた公式夕食会で、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県の食材による料理が振る舞われた。東京電力福島第1原発事故の風評被害を払拭することなどが狙いで、出席したIOC委員は各県の特産品や地酒に舌鼓を打った。3県の知事も出席した。
• 前菜は岩手のワカメ、宮城の縮みホウレンソウ、福島のあんぽ柿を使ったメニューで、お造りは岩手のホタテ、宮城のメカジキ、福島のサーモンが出された。


河野外相、イラク復興支援表明
アバディ首相と会談

• 【パリ共同】河野太郎外相は11日夜(日本時間12日朝)、イラクのアバディ首相とパリ市内で会談し、過激派組織「イスラム国」(IS)からのイラク全土解放宣言を踏まえ、復興を支援する考えを表明した。
• 会談で河野氏は、全土解放宣言について「イラクの人々が民族、宗派を超えて団結した結果だ」として祝意を伝達。「日本としても、イラクの復興と国民融和実現のために引き続き貢献したい」と述べた。
• アバディ氏は「イラクはこれからも一致団結してテロと戦い、復興に向けて取り組んでいく」と応じ、日本の支援に期待を示した。


任天堂スイッチの販売1千万台
人気で品薄続く

• 任天堂は12日、今年3月に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の世界での累計販売台数が1千万台を突破したと発表した。人気ゲームソフトなどがけん引役となり、ゲームに親しみのない購買層を開拓したことが寄与した。
• スイッチは生産が追い付かず品薄の状態が続いている。8月には当面の在庫が確保できないため、任天堂の公式サイトで予約販売する措置を一時取った。10月には2018年3月末までの世界販売台数の目標を1千万台から1400万台に上方修正している。
• 広報担当者は06年の大ヒット商品、家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」と比較し「若干届かなかった」と説明。


GMOが給与一部ビットコインに
仮想通貨事業の推進

• IT大手のGMOインターネットは12日、国内従業員約4千人を対象に給与の一部を仮想通貨ビットコインで受け取れる制度を来年2月給与分から導入すると発表した。従業員にビットコインになじんでもらうことで、仮想通貨事業の推進につなげる。
• 従業員が希望すれば給与のうち最大10万円相当をビットコインで受け取れる。GMOは高性能コンピューターを稼働してビットコインを得る「採掘」と呼ばれる事業を来年1月に始める予定で、仮想通貨事業を強化している。


マグロ取りすぎ問題で「迷惑料」
函館の漁協、1億円を支払いへ

• 北海道函館市の南かやべ漁協は12日、国際合意で漁獲量が規制されている太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)を定置網で大量に漁獲した問題で、「迷惑料」として約1億円を日本定置漁業協会(東京)に支払う意向を明らかにした。南かやべ漁協が大量に漁獲したことで水産庁が設けた上限を超過しており、操業自粛を強いられた他府県に配慮した。
• 太平洋クロマグロは資源の減少が指摘されており、水産庁が漁獲上限を設けている。定置網漁の漁獲量は北海道など20道府県で共同管理し、今期(7月~来年6月)は全国で580・5トンと設定された。


新幹線のぞみ台車に亀裂、油漏れ
安全委、初の重大インシデント

• 博多発東京行きのぞみ34号が11日に走行中、車両から異臭や異常音がして東海道新幹線名古屋駅で運休となったトラブルがあり、車両を所有するJR西日本は12日、車体と車軸を固定する鋼製の「台車枠」に亀裂が見つかったと発表した。運輸安全委員会は同日、新幹線で初の重大インシデントと認定し、鉄道事故調査官を名古屋駅に派遣した。
• 問題の列車は亀裂が拡大する恐れがあるとして、名古屋駅のホームに停車中。
• JR西によると、亀裂が見つかったのは前から4両目に当たる13号車で、国土交通省は台車枠が破損すると車軸を固定できず、脱線につながる恐れがあるとしている。

新幹線のぞみ34号の台車


無断の凍結卵出産、親子の判断は
法的な父子関係めぐり15日判決

• 夫婦関係が悪化して別居後、過去に冷凍保存した受精卵を妻が夫に無断で使って妊娠、出産した場合、夫と子どもの間に法的な親子関係があるかが争われた訴訟の判決が15日、奈良家裁で言い渡される。生殖補助医療の高度化や体外受精の浸透に伴い、民法で想定されていなかった家族関係のトラブルをどう判断するか注目を集めそうだ。
• 問題となったのは、奈良県内に住む外国籍の男性(46)が、県内の女性(46)の産んだ第2子の長女(2)とは親子関係がないと提訴した訴訟。


ジャパンライフの情報を募集
消費者機構日本、異例の呼び掛け

• 悪質商法の被害者の代わりに被害回復を求めて訴訟を起こせる特定適格消費者団体「消費者機構日本」は12日、磁気ネックレスなどを販売するジャパンライフに関する情報提供を消費者に呼び掛けた。同社は消費者庁から過去1年で3回の一部業務停止命令を受けている。不当勧誘などの情報が集まれば、不当行為の差し止めや損害賠償請求を検討する方針。
• 同機構の担当者によると、特定の事業者の情報提供を呼び掛けるのは初めてで、異例の対応。担当者は「消費者庁が処分しても対象外の店舗販売などを続けており、潜在的な被害者の拡大防止が必要だ」と話している。


自動車6千台に検査ミス恐れ
無償で再検査呼び掛け

• 自動車の安全や性能の検査を実施する独立行政法人「自動車技術総合機構」は12日、不具合のあった、ヘッドライトの向きやブレーキの制動力を調べる機器を使って検査し、自動車約10万3千台を適合と判定していたと発表した。このうち約6千台が保安基準を満たしていなかった恐れがある。機構は無償で再検査を実施するとしており、所有者に再び持ち込むよう呼び掛けている。
• 機構によると、機器に不具合があったのは2016年3月~今年11月に実施した一部の検査。メーカーから機器を納入した時点でプログラムに不備があった他、修理した際に設定ミスがあった。事故やトラブルは報告されていない。


ジェンキンスさんが死去
拉致被害者曽我ひとみさんの夫

• 北朝鮮による拉致被害者曽我ひとみさん(58)の夫で、新潟県佐渡市在住の元米兵チャールズ・ジェンキンスさんが11日午後8時52分、致死性不整脈のため佐渡市の病院で死去した。77歳。関係者によると、自宅前で倒れ、病院に運ばれたという。葬儀・告別式は15日午前10時から佐渡市窪田19の3、黎明セレモニーホール佐和田式場で。喪主は曽我ひとみ(そが・ひとみ)さん。
• 1940年生まれで米ノースカロライナ州出身。在韓米軍の陸軍軍曹だった65年に軍を離れ、北朝鮮に入国。曽我さんとは英語を教えた縁で親しくなり、80年に結婚。長女美花さんと次女ブリンダさんをもうけた。

死去したジェンキンスさん


増元信子さんが死去
拉致被害者るみ子さんの母

• 北朝鮮に拉致された増元るみ子さんの母増元信子(ますもと・のぶこ)さんが12日午前6時5分、心不全のため鹿児島県内の病院で死去した。90歳。鹿児島県出身。14日、鹿児島県姶良市で葬儀・告別式を開くが時間、場所は不明。喪主は長男信一(しんいち)氏。
• 次女るみ子さんは、24歳だった1978年、当時23歳の市川修一さんとともに、鹿児島県吹上町(現日置市)の海岸で行方不明になった。
• 北朝鮮は2002年9月、るみ子さんの拉致を認めたが、81年に心臓病で死亡したと説明。その後も長女の平野フミ子さんら親族と共に、生存を信じて日本政府に事実解明と救出を求め続けた。


フィッシング詐欺が急増
アップルやLINEかたる

• 不特定多数の人に有名企業をかたるメールを送り、偽サイトに誘導して個人情報を不正入手する「フィッシング」詐欺が今年の夏以降、急増している。アップルやアマゾン、無料通信アプリのLINE(ライン)などを装ったメールが大量に出回っている。
• 偽サイトは実物の一部をコピーするなどしてつくられ、利用者には見分けがつきにくい。監視団体のフィッシング対策協議会(東京)によると、現在多発しているのはクレジットカード情報を盗もうとする手口。担当者は「ボーナスが入り年末年始休暇を控える12月は偽メールが増えやすい」として、注意を呼び掛けている。

マゾンをかたる偽サイトの例(フィッシング対策協議会提供)