Kyodo News

12月9日

日本語メインに戻る
イスラエル軍がガザ空爆
2人死亡、報復攻撃

• 【エルサレム共同】イスラエル軍は9日未明、パレスチナ自治区ガザから8日にロケット弾が発射されたことへの報復として、ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの武器庫や武器製造場所など4カ所を空爆したと発表した。ガザ当局によると、ハマスのメンバー2人が死亡した。AP通信などが伝えた。
• トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と正式認定したことを受け、ハマスはインティファーダ(反イスラエル闘争)の開始を宣言。ガザから2日連続でロケット弾が発射され、イスラエル軍も報復を行っており、暴力のさらなる激化が懸念される。


ガザからのロケット弾発射に報復
パレスチナで25人負傷

• 【エルサレム共同】イスラエル紙ハーレツ電子版によると8日、パレスチナ自治区ガザからイスラエルに向けてロケット弾3発が発射された。うち1発はイスラエル軍が対空防衛システム「アイアンドーム」で迎撃し、残りの2発はイスラエル南部スデロト、ガザ領内にそれぞれ着弾したとみられる。ガザからのロケット弾発射は2日連続。
• イスラエル軍は、ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの施設2カ所に航空機で報復攻撃。ロイター通信によると、パレスチナ保健当局は子ども6人を含む少なくとも25人が負傷したと明らかにした。


訪問予定の米副大統領と会談拒否
イスラム教スンニ派指導者

• 【カイロ共同】エジプトにあるイスラム教スンニ派最高権威機関アズハルの指導者タイブ師は8日、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受け、20日に予定していたペンス副大統領との会談を拒否するとの声明を出した。
• 声明は「トランプ氏は違法な判断を直ちに撤回しなければならない」と訴えている。ペンス氏は今月後半に中東を訪問する予定。パレスチナ高官もペンス氏と会談する意向がないことを明らかにしている。


安保理で米に批判集中、孤立鮮明
エルサレム問題

• 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は8日(日本時間9日)、米国がエルサレムをイスラエルの首都と正式認定したのを受けて公開の緊急会合を開き、各理事国から一方的な認定への懸念や批判が相次いだ。会合後、米国と行動を共にすることが多い英国を含む欧州5カ国は首都認定に異議を唱える共同声明を発表し、米国の孤立が一層鮮明となった。
• 安保理で米国はこれまで、北朝鮮の核・ミサイル開発やミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害で厳しく批判する側だったが、一転して守勢に回った。外交筋によると、安保理は9日のアラブ連盟外相級会合の結果を踏まえ、さらなる対応を検討する。


トランプ氏、米銀に「罰金科す」
処分棚上げ報道に反発

• 【ニューヨーク共同】米金融大手ウェルズ・ファーゴの不正問題を巡り、トランプ米大統領が8日、監督当局による「罰金処分の棚上げ」報道にかみついた。ツイッターに「顧客らへの悪い行いに対し、罰金やペナルティーをやめることはない。誤った報道がされていた」と投稿し、処分する方針を明らかにした。
• ロイター通信は7日、ウェルズ・ファーゴが住宅ローン顧客から不正に手数料を徴収していた問題で、消費者金融保護局(CFPB)が数千万ドル(数十億円)の罰金を科すべきかどうかを再検討していると報じた。


ホワイトハウス高官辞任へ
中東政策関与の副補佐官

• 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは8日、トランプ政権の中東政策に関わってきたパウエル大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)が年明けに辞任すると明らかにした。政権ではティラーソン国務長官更迭の観測が強まっているほか、複数の高官が辞任を検討中とされ、政権発足1年を迎える1月20日前後に高官が相次ぎ入れ替わるとの見方もある。
• サンダース大統領報道官は8日、パウエル氏は以前から1年間だけ務める予定だったと説明し「今後もパウエル氏は大統領を支え、中東政策に取り組む」と述べた。トランプ氏がエルサレムをイスラエルの首都と認定する発表をしたことと辞任との関係は不明。


金正恩氏、核戦力完成を強調
白頭山に登頂

• 【北京共同】朝鮮中央通信は9日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が中国との国境にある北朝鮮最高峰の白頭山に登頂したと報じた。日時は伝えていない。金氏は山頂に立ち「国家核戦力完成の歴史的大業を実現してきた激動の日々を感慨深く振り返った」という。
• 白頭山は標高約2750メートル。故金日成主席による抗日活動の根拠地で、北朝鮮では革命の聖地とされる。新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」発射実験の成功を「核戦力完成」の節目として改めて印象付ける狙いがありそうだ。
• 金氏は、白頭山の麓にある両江道三池淵郡で整備が進められている宿泊施設や駅なども視察した。


国連総長、北朝鮮との対話へ全力
平和解決訴え

• 【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は8日、北朝鮮による核・ミサイル開発の強行で緊張が高まる朝鮮半島情勢が平和的解決に向かうよう、北朝鮮が関係国との間で「有意義で開かれた建設的な対話」ができる環境整備に全力を尽くすと述べた。13~14日の日本訪問を前に日本メディアと会見した。
• グテレス氏は努力の一環としてフェルトマン事務次長(政治局長)を5日から訪朝させたと説明した。米東部時間の8日午前(日本時間9日未明)までに金正恩朝鮮労働党委員長との会談は行われていないと報告を受けたと明らかにした。フェルトマン氏は現地時間9日、訪朝日程を終え平壌を出発した。


北朝鮮、米の敵視政策を非難
国連次長に従来の立場強調

• 【北京共同】朝鮮中央通信は9日、訪朝した国連のフェルトマン事務次長(政治局長)が李容浩外相や朴明国外務次官と会談したと報じた。北朝鮮側は「朝鮮半島情勢が今日の状況に至ったのは、全面的に米国の敵視政策と核による威嚇に(原因が)ある」と主張。米韓両軍の共同訓練を「不意に先制核攻撃する企図を示している」と非難した。
• フェルトマン氏は訪朝で米朝の緊張緩和を模索したが、北朝鮮が核・ミサイル開発を正当化する従来の立場を繰り返したことで、事態打開の糸口を見いだすのは難しかったとみられる。
• 同通信によると、双方は国連と北朝鮮の間で意思疎通を定例化することには合意した。


カリフォルニア山火事、1人死亡
被害広がる

• 【ロサンゼルス共同】米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊などで多発する山火事は8日も勢いが収まらず、メキシコに近い同州サンディエゴでも発生、各地で燃え続けている。AP通信などは、女性(70)の死亡が確認されたと伝えた。今回の山火事で初の犠牲者。
• 山火事は4日夜からロサンゼルス近郊で発生。消火作業が続いているが、強い風にあおられて広がっている。当局は強風が今後数日続くとして新たな発生を警戒。在ロサンゼルス日本総領事館も在留邦人らに注意を呼び掛けた。
• 報道によると、女性は6日、沿岸部ベンチュラ郡で、自動車で避難中に事故を起こし車内で死んでいるのが見つかった。

米カリフォルニア州南部で起きた火災=8日(AP=共同)


英離脱、EU損失年5・8兆円
も FTAでも打撃

• 【ブリュッセル共同】英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、残りの加盟27カ国が最大で年間436億ユーロ(約5兆8千億円)の経済的損失を被ることが8日、ドイツのIFO経済研究所などの試算で分かった。英国が負担してきたEU予算が減り、単一市場から抜けることで対英貿易で関税が復活することが原因だ。
• 年明けに協議入りする見通しとなった自由貿易協定(FTA)を締結しても打撃は避けられないという。
• EU予算の穴埋めには140億ユーロ、FTAを結べずに世界貿易機関(WTO)ルールで関税が復活した場合の損失は296億ユーロ。


「イスラム国」に勝利宣言
イラク、全土解放を発表

• 【カイロ共同】イラク軍は9日、シリア国境付近の砂漠地帯で続いた過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦が完了し「イラク全土をISから解放した」と発表した。国境も管理下に置いた。アバディ首相は「イラクだけでなく全世界にとっての勝利だ」と宣言した。2014年6月に北部モスルを制圧して台頭、イラクとシリアに支配地域を広げ「国家樹立」を宣言したISの組織は、約3年半を経てほぼ壊滅した。
• シリアでも一部を除き、ISは駆逐された。米軍主導の対IS有志国連合は9日、イラク軍の「重大な勝利」を祝福する声明を発表した。米軍はシリアなどでIS掃討作戦を続ける構えだ。

中東和平への貢献表明
バーレーンで河野外相

• 【マナマ共同】河野太郎外相は9日、日本の外相として初めて中東のバーレーンを訪問した。地域の安全保障に関する国際会議で演説し、厳しさを増すイスラエルとパレスチナの中東和平交渉を巡り「日本は中東の安定にもっと貢献していける」と決意を表明した。
• トランプ米大統領によるエルサレム首都認定への反発が広がる中での中東訪問となった。日本政府は首都認定が和平交渉に影響を及ぼす可能性もあるとして懸念を示す一方、トランプ氏の中東政策については部分的に評価する考えを明らかにしている。中東諸国の理解を得られるかが課題になる。


五輪テロ対策で省庁横断組織創設
即座に情報共有、迅速に対応

• 2020年東京五輪・パラリンピックを見据えた政府の「テロ対策推進要綱」の概要が9日、明らかになった。外務、財務両省や警察庁などのテロ関係情報を集約・分析する省庁横断組織「国際テロ対策等情報共有センター」(仮称)の創設が柱。テロ情報の専門家が即座に情報を共有し、迅速な対応につなげる狙いがある。政府関係者が明らかにした。
• 11日午後に開く「国際組織犯罪等・国際テロ対策推進本部」(本部長・菅義偉官房長官)で要綱を決定する。
• 既に設置している情報集約組織「国際テロ情報収集ユニット」を増強。車両突入テロや、不特定多数が集まる「ソフトターゲット」への対策を強化する。


北朝鮮船踏まえ沿岸警備に万全
菅氏が講演、「警察や海保連携」

• 菅義偉官房長官は9日、東京都内で講演し、北海道松前町の無人島にあった発電機を盗んだ疑いで北朝鮮の木造船の船長らが逮捕された事件を踏まえ、日本の沿岸警備に万全を期す考えを示した。「北朝鮮の漁船とみられる船の漂着が頻繁になっている。工作員の可能性もある。警察や自衛隊、海上保安庁などが連携し、取り締まりを行う」と述べた。
• 北朝鮮が進める核・ミサイル開発には日米韓3カ国が結束して対処する考えを強調。「中国やロシアと連携して解決したい」とも語った。


日欧協定発効、英離脱前に
交渉官「見通し高まった

• 【ブリュッセル共同】日本と欧州連合(EU)による経済連携協定(EPA)交渉の鈴木庸一首席交渉官は8日、交渉妥結で「英国のEU離脱前に協定を発効できる見通しがかなり高まった」と述べた。英国は2019年3月末の離脱を予定。EPA発効も19年の早い段階を目指している。
• 首席交渉官会合を行っていたベルギー・ブリュッセルで日本の記者団に語った。英離脱後のEPAの扱いに関しては「必要に応じて見直すと規定した」と説明。交渉は英国を含めたEUと行ってきたため、「発効前に離脱したら話がややこしくなっていた。透明性が高まった」と指摘した。


リニア非常口の入札で不正か
事故対策、名古屋に新設

• JR東海が発注したリニア中央新幹線関連工事の入札を巡り、大手ゼネコンの大林組(東京)などが偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部の家宅捜索を受けた事件で、入札に不正があった疑いが持たれているのは、運行中の事故や火災に備えるため名古屋市に新設される非常口の工事であることが9日、関係者の話で分かった。
• 大林組は、この工事を含めて計4件の工事をJR東海から受注。特捜部は大林組幹部らから任意で事情を聴くなどして入札の経緯解明を急ぐ。JR東海の広報担当者は「大林組に事実関係の説明を求めていく」と話した。


津波被災地で復興沿岸道路が延伸
宮城・南三陸町

• 東日本大震災の復興道路として国土交通省が整備している三陸沿岸道路の南三陸海岸インターチェンジ(IC)―歌津IC間の4・2キロが9日、開通した。宮城県南三陸町は津波で壊滅的な被害に遭い、幹線道路の国道45号が通行不能となった。同区間は津波浸水区域外にあり、災害時の輸送路としての役割も担う。
• 歌津IC付近で同日開かれた記念式典には、国交省や県、町関係者ら計約230人が出席。テープカットや車両約30台の記念パレードが行われた。南三陸町の佐藤仁町長は取材に「この日を迎えられ、町民全員が喜んでいる。たくさんの人にアウトドアを楽しみに来てほしい」と話した。

三陸沿岸道路の南三陸海岸IC―歌津IC間の開通記念式典でテープカットする関係者=9日午後、宮城県南三陸町


沖縄で米軍車両が衝突、男性死亡
飲酒疑いで海兵隊員逮捕

• 19日午前5時25分ごろ、那覇市泊2丁目の国道58号交差点で、米軍の2トントラックが会社員平良英正さん(61)=同市=の軽トラックと衝突し、平良さんは胸などを強く打って搬送先の病院で死亡した。
• 2トントラックを運転していた米海兵隊牧港補給地区(浦添市)所属の上等兵、ニコラス・ジェームズマクリーン容疑者(21)の呼気から基準値の約3倍のアルコールが検出され、那覇署は自動車運転処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕した。
• 署によると、交差点を直進した米軍のトラックが、対向車線から右折しようとした軽トラックに衝突した。


宮司中傷の弟に警告文
富岡八幡宮弁護士が記者会見

• 富岡八幡宮(東京都江東区)の代理人弁護士の佐藤歳二弁護士が9日、境内で記者会見し、殺害された宮司富岡長子さん(58)を中傷したとして、7月に弟の富岡茂永容疑者(56)に警告文を送っていたと明らかにした。
• 佐藤弁護士によると、茂永容疑者は2001年、金銭問題などを理由に宮司を退任。その際に「神社や富岡家に迷惑をかけない」との条件で富岡家から経済的な援助を受けていた。
• しかし、今年3月、茂永容疑者の妻真里子容疑者(49)の名義で、長子さんを中傷する文書が神社本庁に届いていたことが判明。6月には茂永容疑者から複数の関係者に長子さんを中傷する電話があったという。


発電機窃盗は北朝鮮船長主導か
道警、本格聴取

• 北海道松前町沖の松前小島に接岸した北朝鮮船の男性乗員10人のうち3人が、発電機を盗んだとして窃盗の疑いで逮捕された事件で、道警は9日午後、本格的な取り調べを始めた。自称北朝鮮国籍の船長カン・ミョンハク容疑者(45)が主導した可能性が高いとみて、島から持ち出した目的などについて事情を聴く。
• 道警によると、逮捕されたのは他に32歳と59歳の男で、3人とも北朝鮮北東部の清津在住。発電機は松前町の男性(67)が管理しており、船で見つかった発電機と製造番号が一致した。家電やミニバイクなども持ち去られ、男性は道警に被害届を出した。


ロシア、中国も平和賞授賞式欠席
核五大国の大使一人も出ず

• 【オスロ共同】今年のノーベル平和賞に決まったNGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)への10日のオスロでの授賞式に、ロシアと中国の駐ノルウェー大使がいずれも欠席することが分かった。同国国営放送NRK電子版が8日伝えた。
• 米国、英国、フランスの大使欠席は既に明らかになっており、核保有五大国の大使は一人も出席しないことになる。ICANが推進し、授賞理由となった「核兵器禁止条約」への反発が背景にあるとみられる。
• ロシア大使館は以前、共同通信の取材に大使が出席すると説明していたが、NRKによると、大使館の広報担当者が「予定が変わった」と述べた。


米朝に「核兵器使うな」
サーローさん、日本も道義的責任

• 【オスロ共同】今年のノーベル平和賞に決まった非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のフィン事務局長やカナダ在住の被爆者サーロー節子さん(85)が9日、ノルウェー・オスロで10日の授賞式を前に記者会見した。サーローさんは対立が激化する米国と北朝鮮に「絶対に核兵器を使ってはならない」と訴え、核問題の外交解決を求めた。日本は核廃絶を目指す「道義的責任がある」と述べ、核兵器禁止条約に反対する日本政府を批判した。
• サーローさんは「被爆者は容認し難い苦しみを受けた」と強調。授賞式での演説で、原爆投下直後の広島の惨状について語ると明らかにした。


被爆樹木の種を贈呈
広島からオスロ大植物園へ

• 【オスロ共同】非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)へのノーベル平和賞授賞式を前に、広島原爆を生き抜いた「被爆樹木」の種が9日、式典が開かれるノルウェー・オスロにあるオスロ大植物園に寄贈された。
• 贈呈式には、平和賞授賞式に出席するため現地を訪れている松井一実広島市長、田上富久長崎市長らが参加。両市長はオスロ大のスヴァイン・ストールン学長と共に、広島市中心部にあるイチョウ、クロガネモチ、エノキ、ナツメの木から採取された種を植木鉢に植えた。
• 松井市長は「平和の象徴として根付き、広く長く共有されてほしい」とあいさつした。

「被爆樹木」の種の贈呈式を前に、記念撮影する松井一実広島市長(右から4人目)、田上富久長崎市長(同3人目)と被爆者ら=9日、オスロ(共同)


被爆者がICANメンバーと懇談
オスロで「苦しみ消えない」

• 【オスロ共同】非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)へのノーベル平和賞授賞式を前に、広島、長崎の被爆者ら約30人が9日、式典が開かれるノルウェー・オスロで、ICANに加盟する地元NGO関係者と懇談した。被爆者は体験を語り「苦しみと心の傷は消えない」と胸の内を明かした。
• 広島県原爆被害者団体協議会の佐久間邦彦理事長(73)は生後9カ月で被爆し、その後、倦怠感や食欲不振などに苦しんだと証言。「いまだに原爆症で亡くなる人がいる現実を見ると、核兵器の非人道性は一目瞭然だ」と訴えた。


フランスで被爆者絵画展
核被害の悲惨さ伝える

• 【サンドニ共同】広島、長崎の被爆者が描いた約130点の絵の複製などを紹介する「ヒバクシャ―生存者の絵画」展がパリ郊外サンドニのフランス国立公文書館で8日、始まった。見学者らは「あまりにも悲惨で言葉にできない」「核廃絶の重要さが分かった」などと感想を語った。来年3月31日まで。
• 同館によると1974年からNHKの呼び掛けで集まった3600点のうち、広島平和記念資料館が所蔵する約100点や、長崎原爆資料館が所蔵する10点余りを実物大で複製。丸木位里・俊夫妻の「原爆の図」の複製2点、漫画「はだしのゲン」なども展示している。多数の見学希望が寄せられているという。

「ヒバクシャ―生存者の絵画」展=8日、パリ(共同)


西田厚聡氏が死去
元東芝社長

• 東芝の社長、会長を務めた西田厚聡(にしだ・あつとし)氏が8日午後1時53分、急性心筋梗塞のため東京都内の病院で死去したことが9日、分かった。73歳だった。東芝が明らかにした。2015年に発覚した不正会計問題で責任を問われ、損害賠償を求められた旧経営陣のうちの一人。三重県出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は長男啓(けい)氏。
• 東芝のイランの現地法人を経て1975年に本社に転じた異色の経歴を持つ。2005年に社長に就任し、米原発大手ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)の巨額買収を手掛け、半導体のフラッシュメモリー事業も強化した。