Kyodo News

11月20日

日本語メインに戻る
 
軍高官、核攻撃が違法なら従わず
米大統領命令で

• 【ワシントン共同】ハイテン米戦略軍司令官は18日、カナダ東部ハリファクスで開かれた国際安全保障フォーラムで、トランプ大統領が核攻撃を命令しても、違法と判断すれば従わず別の選択肢を提案する考えを明らかにした。米CBSテレビが報じた。
• 核実験や弾道ミサイル発射を続ける北朝鮮に対しトランプ氏が「炎と怒りに直面する」などと威嚇的な発言を続けていることを受け、米国内では大統領が核攻撃に踏み切る恐れがあるとの懸念も出ている。
• ハイテン氏は核攻撃の命令を受けた場合「もし違法なら『大統領、それは違法です』と告げる」と話した。
ハイテン米戦略軍司令官(AP=共同)


聖書博物館がワシントンで開館
トランプ政権下の展示注目

• 【ワシントン共同】聖書の歴史や聖書が米国社会に与えた影響を振り返る「聖書博物館」が18日、米首都ワシントン中心部にオープンした。トランプ大統領が支持基盤キリスト教右派の権利拡大を狙う政策を打ち出す中、展示内容に注目が集まっている。
• 博物館は全米で家庭・手芸用品チェーンを展開するキリスト教右派のグリーン一族が運営。一族は前政権が導入した医療保険制度(オバマケア)で雇用主に義務付けられた避妊薬の無料提供は「信教の自由」に反すると訴えたことがある。
• 屋上庭園や約470席の劇場を擁する博物館には、一族が収集した貴重な写本など世界有数の資料数千点が展示されている。
聖書博物館の子ども向け体験コーナー=15日、ワシントン(ゲッティ=共同)


米、日本本土へ核持ち込みも
沖縄返還時に内部検討、提示断念

• 【ワシントン共同】1969年の沖縄返還交渉の過程で、有事の際に日本本土へ核兵器を持ち込むことを日本側と合意できないか、米政府が内部で可能性を探っていたことが19日、機密解除された米公文書で分かった。最終的には日本側に提示しなかったが、米軍統治下の沖縄で米軍が享受していた自由な基地使用権を、沖縄返還を契機に日本本土に拡大する思惑があったことが浮き彫りになった。
• 米国立公文書館で今年9月に文書を入手した我部政明琉球大教授は「米側が当時、沖縄だけでなく日本本土への持ち込みも認めさせようと考えていた事実が判明するのは初めて」と指摘している。

1969年6月25日、マイヤー駐日米大使(左)を外務省で迎えた愛知揆一外相。同月初めに沖縄返還合意時の首脳共同声明案を米側に提出していた


与党、ムガベ氏に最後通告
ジンバブエ、20日辞任迫る

• 【ハラレ共同】ジンバブエの与党は19日、緊急会合を開き、国軍が自宅軟禁下に置くムガベ大統領(93)を党首から解任し、20日正午(日本時間同午後7時)までに辞任しなければ大統領の不信任案を議会に提出すると警告した。ムガベ氏は大統領辞任を依然拒否しているとされるが、不信任案が提出されれば可決される公算が大きい。身内の与党からも見放され、退陣は避けられない情勢となった。
• 与党は、ムガベ氏の妻グレース氏(52)も党要職から追放した。ムガベ氏が6日に解任した軍と関係の深いムナンガグワ前第1副大統領(75)が復権し、新党首に決まった。
19日、ジンバブエの首都ハラレで、破られた与党の看板の前を通り過ぎる人々(ロイター=共同)


ムガベ氏、退陣表明せず
不信任可決の公算

• 【ハラレ共同】退陣への圧力が強まっているジンバブエのムガベ大統領(93)は19日夜、国民に向けテレビ演説をしたが、辞任を表明しなかった。与党は演説に先立ちムガベ氏を党首から解任していたが、演説で「(12月に開かれる)党大会を主催する」と述べ、解任を拒否する意向を示唆。ムガベ氏の追放を訴える国民の反発は必至だ。
• 与党は20日正午(日本時間午後7時)までに大統領を辞めなければ、議会に不信任案を提出すると警告。提出した場合、与野党が結束して可決するとみられ、強制的に大統領退陣に追い込まれる可能性が高まった。

テレビ演説するジンバブエのムガベ大統領=19日、ハラレ(AP=共同)
18日、ジンバブエ・ハラレで「ムガベは去れ」とのポスターを掲げ、大統領退陣を求める集会に詰め掛けた人たち(中野智明氏撮影・共同)


中国特使、北朝鮮から帰国
金正恩氏と会談したかが焦点

• 【北京共同】中国共産党の習近平総書記(国家主席)の特使として北朝鮮を訪問した宋濤中央対外連絡部長は20日、空路で帰国した。金正恩朝鮮労働党委員長との会談が実現したのか、核・ミサイル開発問題の局面を打開する糸口を見いだせたのかが焦点だ。
• 中朝両国のメディアは、宋氏が金氏と会談したかどうかについて伝えていない。宋氏が習氏の特使であることを踏まえ、金氏が会談に応じるとの見方が強いが、中朝関係が冷え込む中、慣例を破り会談を見送る可能性も排除できない。会談が見送られた場合、さらなる関係悪化は避けがたい。


ASEM外相会合が開幕
ロヒンギャ巡り攻防か

• 【ネピドー共同】日本を含むアジアと欧州の約50の国・機関が参加するアジア欧州会議(ASEM)の外相会合が20日、ミャンマーの首都ネピドーで開幕した。会議は2日間の予定。ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ問題に関し、欧州諸国が懸念を表明する可能性が高く、議長を務めるアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相との攻防が予想される。
• 欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表は、ロヒンギャ問題に関しスー・チー氏と20日朝に会談したことを明らかにした。


ウーバー、ボルボ2万台超購入へ
自動運転車にSUV

• 【ニューヨーク共同】スウェーデンの自動車大手ボルボは20日、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズに対し、2019~21年に自動運転技術が搭載可能なスポーツタイプ多目的車(SUV)数万台を販売することで合意したと発表した。ウーバーは購入したSUVを自動運転車とし、配車サービスに使うとみられる。欧米メディアによると、販売台数は最大で2万4千台に上る。
• ボルボが販売するのはSUV「XC90」。自動運転車関連分野では最大規模の販売台数となる見通しだ。


米カルトのマンソン受刑者死去
女優惨殺などで服役

• 【ロサンゼルス共同】1969年に米女優シャロン・テートさんが惨殺された事件などを起こしたとして、殺人罪の終身刑で服役していた米カルト教団の元指導者チャールズ・マンソン受刑者が19日、老衰のためカリフォルニア州の病院で死去した。83歳。米メディアが報じた。
• オハイオ州シンシナティ生まれ。子供のころから犯罪に手を染め、矯正施設などへの出入りを繰り返した。60年代にカリフォルニア州で家出少女らと集団生活を開始。映画監督ロマン・ポランスキー氏の邸宅で69年8月、同氏の妻で妊娠8カ月だったテートさんら男女5人を惨殺したなどとしてカルト集団メンバーと共に逮捕された。

シャロン・テートさん(UPI=共同)


NY百貨店、サンタ面会は予約制
懐疑的な声も

• 米老舗百貨店のメーシーズは19日までに、クリスマスを控えてサンタクロースと会い、記念撮影をできる米ニューヨーク中心部の旗艦店での恒例行事を今年から予約制にすることを決めた。子どもたちの待ち時間を短縮するためだが、「サンタと会うのに予約がいるのか」との懐疑的な声も出ている。
• この旗艦店は名所ヘラルドスクエアに面し、クリスマス映画「34丁目の奇跡」の舞台となったため、サンタが名物。メーシーズは「サンタはとても人気があり、行列ができていたためだ」と理由を説明している。
• 面会は無料。カメラマンによる記念撮影は有料となり、写真の価格は約2350円から。(共同)
クリスマスに向け飾り付けられたニューヨークのメーシーズ旗艦店のショーウインドー=17日(UPI=共同)


エリザベス女王、結婚70年
英王室初のプラチナ婚

• 【ロンドン共同】英国のエリザベス女王(91)とフィリップ殿下(96)夫妻が20日、結婚70年を迎えた。英国で結婚70年は「プラチナ婚」とされ、長い歴史を誇る英王室でもプラチナ婚を祝う夫妻は初めてという。
• 夫妻は1947年11月20日、ロンドンのウェストミンスター寺院で結婚式を挙げた。女王は52年に即位し、英国の君主として最も長い在位期間を更新中。フィリップ殿下は、現在も精力的に公務を続ける女王をそばで支えてきた。
• フィリップ殿下は既に高齢を理由に公務を引退。女王も今月12日の戦没者追悼式での献花をチャールズ皇太子に委ねるなど、徐々に公務を縮小している。
2016年4月、90歳の誕生日を迎え、英ウィンザーでオープンカーの上から手を振るエリザベス女王。右はフィリップ殿下(ゲッティ=共同)


LGBTイベント全て禁止
トルコ首都、治安理由に

• 【イスタンブール共同】トルコの首都アンカラ当局は19日、性的少数者(LGBT)に関する全ての文化イベントの開催を禁止したと発表した。「公共の安全」を守るためとしている。地元メディアなどが伝えた。
• トルコは政教分離が国是で、多くのイスラム諸国と異なり法律で同性愛を禁じていない。しかしイスラム色の強いエルドアン政権下で社会の保守的風潮が高まり、LGBTへの風当たりも強まっている。
• 今回の発表に先立ち、アンカラ当局は、在トルコのドイツ大使館などが16、17の両日にアンカラで予定していたLGBT映画祭の開催を、治安維持を理由に直前に禁止していた。

首相、国会での改憲議論を要請
森友、加計問題は「丁寧に説明」

• 安倍晋三首相は20日、衆院本会議で始まった代表質問で、憲法改正に関し「国会で各党による建設的な議論が行われ、国民の理解が深まることが極めて重要だ」と述べ、与野党協議の促進を要請した。森友、加計学園問題では「閉会中審査に出席するなど国会で丁寧な説明を積み重ねてきた。今後もその考え方に変わりはない」と語った。
• 立憲民主党の枝野幸男代表は、集団的自衛権の行使を可能にした安全保障関連法を前提とする改憲への反対を表明。希望の党の玉木雄一郎代表も批判し、改憲を巡る与野党対立が鮮明になった。


自民・岸田氏が首相に注文
代表質問、「正しい姿勢で」

• 自民党岸田派(宏池会)会長の岸田文雄政調会長は20日、衆院本会議での代表質問で、安倍首相に対し、低姿勢でも高姿勢でもない「正姿勢(正しい姿勢)」で臨むよう訴え、野党席から拍手が起こる一幕があった。宏池会創立者の池田勇人元首相に対する陽明学者・故安岡正篤氏の助言を引き合いに、首相の政治姿勢に注文を付けた形だ。
• 岸田氏は「野党や国民に『上から目線』で臨むようでは国民の信を失い、まっとうな政治も行えない」と指摘。先の衆院選大勝を踏まえ正姿勢の3文字を胸に前進するよう要求した。
• 岸田氏は終了後、記者団に「正姿勢を貫くべく努力いただくことが大事」と意図を解説した。


河野外相、ロヒンギャ難民視察
バングラに21億円支援伝達

• 【コックスバザール共同】河野太郎外相は19日午後(日本時間同)、バングラデシュ南東部コックスバザールを訪れ、隣国ミャンマーから大量に流入しているイスラム教徒少数民族ロヒンギャの難民キャンプを視察した。現地のニーズを日本の支援策に反映させ、問題の早期収拾に向けて協力姿勢を示す狙い。これに先立ち、首都ダッカでアリ外相と会談し、食料など総額1860万ドル(約21億円)の緊急支援を決めたと伝達した。
• 主要国の閣僚による視察は異例で、河野氏のほかドイツ、スウェーデンの外相らも同行した。河野氏は「彼らが元の生活に戻れるよう支援をするのが大事だ」と取材に答えた。
難民キャンプ内の学校を視察する河野外相(中央)=19日、バングラデシュ南東部コックスバザール(共同)


小池都知事、希望の党特別顧問に
新ポスト、運営や政策を助言

• 希望の党は20日の役員会で、新たなポストとして党運営や政策を助言する「特別顧問」を設けると決めた。14日に代表を辞任した小池百合子東京都知事が就く。党幹部が明らかにした。
• 党規約には、最高顧問や顧問に関する規定はあるが、特別顧問の記載はないため、速やかに規約を改正する。党役員会のメンバーとはしない。
• 党幹部によると、小池氏は了承済みで、役員会の決定を報告後、正式に就任するという。


10月貿易収支、5カ月連続黒字
2854億円、対中国では赤字

• 財務省が20日発表した10月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は2854億円の黒字だった。黒字は5カ月連続だが、黒字額は前年同月比で40・7%減少した。
• 輸出は14・0%増の6兆6931億円、輸入は18・9%増の6兆4077億円だった。
• 国・地域別では、米国向けの貿易収支が6447億円の黒字だった。一方、対欧州連合(EU)では503億円の赤字、対中国では2657億円の赤字だった。対中国の貿易赤字は8カ月連続。


オフィス家具で運動効果、健康に
揺れる椅子などメーカー投入

• 座面が揺れて運動効果がある椅子や、立ったり座ったりするのに合わせて電動で高さを変えられる机など、健康増進や疲れにくさをうたったオフィス家具を各メーカーが投入している。政府が掲げる働き方改革や、社員の健康を経営指標に取り入れる企業の増加を商機につなげる狙いだ。
• コクヨの椅子「ing(イング)」は、座面が体の動きに合わせて前後と左右に自然と揺れる構造。4時間座って仕事をすれば、1・5キロメートル歩いたのと同じカロリーが消費できるという。
• 岡村製作所は、2015年に発売した机の天板が電動で上下する「Swift(スイフト)」の品ぞろえを充実させている。

座面が前後左右に揺れるコクヨの椅子「ing(イング)」


キリン、第三のビール1月に発売
「ストロング系」節約志向根強く

• キリンビールは20日、アルコール度数が高い「ストロング系」の第三のビールを来年1月に発売すると発表した。消費者の根強い節約志向や今年6月からの安売り規制の強化を受け、メーカーは安く酔えるビール類に力を入れている。
• キリンが発売する「のどごし ストロング」は度数を7%に設定。発酵度を高める技術で、強さとうまさを両立したという。キリンビールの山形光晴マーケティング部長は「消費者のコストパフォーマンス意識は高く、ストロング市場を切り開く商品にしたい」と話した。
キリンビールが来年発売するアルコール度数が高い第三のビール=20日午後、東京都千代田区


新型レクサスの受注9500台
「LS」、月間目標の16倍

• トヨタ自動車は20日、全面改良した高級車ブランド「レクサス」の最上級セダン「LS」の受注が、10月19日の発売から1カ月で約9500台に上ったと発表した。月間販売目標(600台)の約16倍に当たり、好調な立ち上がりとしている。
• 法人の購入が多く、企業が役員送迎に使うとみられる。個人の顧客は主に40~60代以上の男性で、レクサス所有者の乗り換え需要が中心に。
• LSにはハイブリッド車(HV)とガソリン車があり、受注の7割をHVが占めた。HVの事前受注を7月に始めたのに対し、12月18日から販売するガソリン車は10月に事前受注を始めたことが影響しているという。


飲酒事故、沖縄米軍トップが謝罪
対策不十分と翁長氏抗議

• 沖縄に駐留する米海兵隊員が那覇市で飲酒運転し死亡事故を起こした疑いで逮捕された事件で、在沖縄米軍トップを兼務するニコルソン在日海兵隊司令官は20日午後、沖縄県庁を訪れ、翁長雄志知事に「心からの謝罪」を伝えた。翁長氏は「米軍の対策は極めて不十分だ」と強く抗議した。
• 冒頭、翁長氏に対し深々と頭を下げたニコルソン氏は「米軍を代表し被害者、そして遺族に哀悼と謝罪の意を表明したい。われわれの駐留の結果、事件が起き大変残念だ」と述べた。さまざまな再発防止策を講じてきたとした上で「努力が足りなかった。事件・事故削減への取り組みを強化したい」と強調した。
会談に臨む沖縄県の翁長雄志知事(右)を頭を下げて迎えるニコルソン在日海兵隊司令官(中央)=20日午後、沖縄県庁


関東以北で今季一番の寒さ
冬型の気圧配置、日本海側で雪

• 冬型の気圧配置と北からの寒気の影響で、北海道から関東甲信にかけて20日、今季一番の冷え込みになり、北海道と東北の日本海側では雪となった。
• 各地の最低気温は北海道のほぼ全域や東北から関東甲信の山沿いで氷点下5度を下回り、北海道占冠村では同17・3度を記録。平野部でも、秋田市で同0・4度、盛岡市で同2・9度、宇都宮市で同0・6度など、12月から1月並みとなった。
• 21日以降、日本海側の雪は徐々にやんでくるが、週の後半から週末にかけて再び寒気が入って雨や雪になる。太平洋側は、日本の南岸を低気圧が東進するため、22日から23日にかけて広い範囲で雨になりそうだ。

真冬日となった札幌市内では、ナナカマドの実に雪が積もっていた=20日午後


金剛山うっすら雪化粧
大阪・奈良の境

• 大阪府と奈良県の境にある金剛山(1125メートル)で20日、初冠雪が確認され、山頂付近がうっすら雪化粧した。昨年は12月16日だった。
• 観測している大阪府千早赤阪村によると、降り始めた雪は正午すぎに約1センチ積もった。
• 山頂付近にある葛木神社の葛城裕宮司(60)は「昼間に初冠雪になったのはあまり記憶にない。珍しい」と話していた。

うっすらと雪化粧した金剛山の山頂付近=20日午後、奈良県御所市


乳幼児の玩具のみ込みに注意
2センチ以下、喉に詰まりやすい

• 消費者安全調査委員会(消費者事故調)は20日、乳幼児が小さなおもちゃを口に入れ、誤って気管に詰まらせる事故を調査した報告書を公表した。聞き取り調査やシミュレーションの結果、直径4センチ以下の物は乳幼児の口に簡単に入り、特に0・6~2センチは喉に詰まる危険性が高いことが判明した。
• 乳幼児は唾液が多く、異物が喉の奥に入りやすい一方、せき込む力が弱く、詰まりやすい。事故調の宇賀克也委員長は「子どもが口に入れそうな物は全て窒息の危険性があると考えて」と呼び掛けている。
• のみ込んだ場合、1歳未満なら背中をたたき、心肺蘇生と同様に胸を圧迫する処置を交互に行う。

日本語メインに戻る