Kyodo News

11月5日

日本語メインに戻る
 
北朝鮮のテロ国家指定
近く判断、トランプ氏

• トランプ米大統領は5日、日本に向かう専用機内で記者団に、北朝鮮をテロ支援国家に再指定するかどうかを「速やかに決定する」と述べ、近く判断する考えを示した。またアジア歴訪中にロシアのプーチン大統領と会談し、北朝鮮への対応で協力を求めると語った。
• トランプ氏は北朝鮮による拉致被害者の家族と6日に面会する予定。米政府高官によると、日本人拉致被害者の家族と会った高官から話を聞いたトランプ氏が「強い関心」を抱き、自分も面会したいとの意向を示した。


米、核掌握には地上侵攻必要
対北朝鮮で見解

• 【ワシントン共同】北朝鮮国内の全ての核兵器保管場所を完全に特定し、掌握するには米軍地上部隊による侵攻が唯一の手段だとの見解を米国防総省が示した。その場合、北朝鮮側が生物兵器や化学兵器を使う恐れがあるとしている。ワシントン・ポスト紙電子版が4日報じた。
• 米軍統合参謀本部の幹部が、民主党下院議員2人の求めに応じて送付した書簡で述べた。
• 書簡は核・ミサイル開発阻止のため、経済・外交両面で対北朝鮮圧力を強める米国務省主導の現在の取り組みを米軍は支持しているとした。北朝鮮軍の攻撃態勢に変化は見られないとも指摘した。


韓国「日本は同盟相手でない」
文大統領、米は理解

• 【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは5日、9月の米ニューヨークでの日米韓首脳会談の際、韓国の文在寅大統領が「米国と韓国は(軍事)同盟を結んでいるが、日本は同盟相手ではない」と発言したと報じた。韓国大統領府高官の話として伝えた。トランプ米大統領は「理解する」と応じたという。安倍晋三首相の反応は報じていない。
• 文氏は3日のシンガポールメディアのインタビューでも、北朝鮮情勢を巡り日米韓の連携が重要としながらも「3カ国の連携が軍事同盟の水準に発展することは望ましくない」と明言していた。


北朝鮮、ロシア経由で制裁破りか
取引偽装の疑い

• 【ウラジオストク共同】北朝鮮がロシアを通じ、国連の制裁対象となったガソリンや繊維製品などの取引を画策していることが5日、分かった。貿易書類を偽造した疑いや、ロシアと中国の取引に見せかける手口が判明。欧米や中国が経済制裁を強化する中、ロシアが国際包囲網の抜け穴となっている実態が浮かび上がった。

9月29日、ロシア極東ウラジオストクに入港した北朝鮮の貨客船「万景峰」(共同)


前カタルーニャ州首相拘束
ベルギー検察、反逆容疑

• 【ブリュッセル共同】スペイン北東部カタルーニャ自治州(州都バルセロナ)の独立問題で、ベルギー検察は5日、反逆容疑などでの出頭命令を拒んでベルギーにとどまっているプチデモン前州首相と4人の前州閣僚の身柄を拘束したと発表した。ロイター通信によると、5人はベルギー警察に出頭したという。
• プチデモン氏は4日、スペイン当局が同氏の拘束と引き渡しを求めることができる「欧州逮捕状(EAW)」を発付したことを受け「われわれはベルギー司法当局に全面的に協力する用意がある」と表明していた。

5日、ブリュッセルで記者会見するベルギー検察の報道官(ロイター=共同)


ブッシュ父子、トランプ氏を批判
歴史家の著作で判明、CNN報道

• 「ほら吹き」「嫌いだ」。共和党のブッシュ元大統領父子が、大統領就任前のトランプ氏をこっぴどく批判したり強い懸念を示したりしたことが分かった。CNNテレビが4日、今月発売される本の内容として報じた。ホワイトハウスはCNNに、父子に強く反発するコメントを寄せた。
• 本は歴史家マーク・アップドゥグローブ氏著の「ラスト・リパブリカンズ(最後の共和党員)」。ブッシュ父子のインタビューなどで構成した。
米テキサス州での大リーグの試合に姿を見せたブッシュ元大統領父子(右が父)=10月29日(AP=共同)


サウジがミサイル迎撃
首都北東、イエメンから

• 【イスタンブール共同】イエメンのイスラム教シーア派系武装組織「フーシ派」は4日、隣国サウジアラビアの首都リヤドの国際空港に向けて弾道ミサイルを発射したと表明した。サウジ国営メディアによると、サウジ国軍はリヤド北東でミサイルを迎撃した。被害や負傷者はなかったという。
• 英BBC放送によると、空港付近で大きな爆発音がした。中東の衛星テレビ、アルジャジーラは目撃情報として、フーシ派が掌握するイエメン首都サヌアの拠点にサウジなどが空爆を実施したと伝えた。ミサイル攻撃に対する報復とみられる。


日本、迎撃すべきだった
北朝鮮ミサイルで米大統領

• 【ワシントン共同】北朝鮮が8~9月に日本列島上空を通過する弾道ミサイルを発射した際、日本が破壊措置を取らなかったことについて、トランプ米大統領が東南アジア諸国の複数の首脳に「迎撃するべきだった」と語り、日本の判断に疑問を表明していたことが4日、分かった。複数の外交筋が明らかにした。
• 安倍晋三首相は5日からのトランプ氏訪日で、日米の緊密な連携をアピールしたい考えだが、トランプ氏は日本に、より強力な対応を求める可能性がある。
• 外交筋によると、トランプ氏は東南アジア諸国首脳らとの会談で「武士の国なのに理解できない」などと、不満を口にしていたという。

トランプ米大統領


「真珠湾を忘れるな」
トランプ氏つぶやく

• 【ホノルル共同】アジア歴訪を前に米ハワイを訪れたトランプ大統領は3日、真珠湾のアリゾナ記念館を訪問した後、ツイッターに「リメンバー・パールハーバー(真珠湾を忘れるな)」とつぶやいた。トランプ氏は5日から日本訪問を控えている。トランプ氏が投稿した真意は不明。
• トランプ氏は「リメンバー・アリゾナ(戦艦アリゾナを忘れるな)。私はこの日を決して忘れない」とも書き込んだ。
• ハワイに拠点を置く太平洋軍のハリス司令官は昨年12月の追悼式典で「リメンバー・パールハーバー。警戒を怠るな」と演説した。この言葉は再び奇襲攻撃を受けないための教訓と捉えられている。

 

ロス米商務長官に新ロシア疑惑
調査報道連合が資料入手

• ロス米商務長官と関係の深い海運会社と、プーチン・ロシア大統領の娘婿や側近2人が実質オーナーの石油化学大手が取引をしていることが5日、分かった。側近1人は米政府の経済制裁対象。取引額は2014年からの3年間で約6800万ドル(約78億円)に上り、米国の国益と利害対立する「利益相反」の可能性が指摘される。ロシア政府による米大統領選干渉疑惑の捜査が進む中、新たなロシア疑惑はトランプ政権に大きな打撃を与えそうだ。
• トランプ政権閣僚とプーチン政権に直結する人物とのビジネスが明らかになるのは初めて。国際調査報道ジャーナリスト連合が入手した資料に基づく取材で判明した。

日米首脳夫妻が夕食会
高級鉄板料理でもてなし

• 安倍晋三首相夫妻は5日夜、東京・銀座の高級鉄板料理店にトランプ米大統領夫妻を招いて夕食会を開き、伊勢エビや和牛ステーキでもてなした。双方は6日の首脳会談を前に、個室でリラックスした雰囲気で食事を共にしながら交流。トランプ氏は、食事前の記念撮影の際に「北朝鮮や貿易など、さまざまな課題について有意義な議論の最中だ。うまくいっている」と記者団に述べた。
• 首相夫妻は5日夜、トランプ氏らが宿泊する東京・内幸町のホテルまで迎えに行った後、大統領専用車に相乗りして4人一緒に店に向かった。トランプ氏は日本到着後、首相らとのゴルフを終えると、宿泊先に移った。


メラニア夫人、銀座で昭恵氏と
宝飾品店を見学

• トランプ米大統領と一緒に来日したメラニア夫人は5日午後、東京・銀座の宝飾品店「ミキモト銀座4丁目本店」を見学した。出迎えた安倍晋三首相の昭恵夫人と共に、店側から養殖真珠について説明を受け「どうやってつくるのですか」などと質問した。
• メラニア氏は到着時「お会いできてうれしいです」と昭恵氏にあいさつ。真珠養殖発祥の地である三重県鳥羽市のレジャー施設「ミキモト真珠島」で働く海女2人とも言葉を交わし「何メートルぐらい潜るのですか」と尋ねる場面もあった。
• 見学後、昭恵氏から同店の真珠が気に入ったかと聞かれると、笑顔でうなずいた。

東京・銀座の宝石店を訪れたトランプ米大統領のメラニア夫人(右)と安倍首相の昭恵夫人=5日午後(代表撮影)


トランプ米大統領来日
日米首脳、6日に会談

• トランプ米大統領が5日午前、公式実務訪問賓客として初来日した。安倍晋三首相は6日午後、トランプ氏と首脳会談を行い、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力を最大化する方針を確認。朝鮮半島の非核化を目指すとの最終目標を共有する。首相が中国に対抗し、外交方針として掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」を踏まえ、日米にオーストラリアとインドを加えた4カ国の連携強化も打ち出す。
• 日米両首脳の直接会談は、今回が5回目となる。首相は首脳間の個人的信頼関係の深化を通じて日米同盟を強化し、北朝鮮抑止と中国けん制につなげたい考えだ。


日米首脳「ゴルフ外交」
「突っ込んだ話できた」

• 安倍晋三首相とトランプ米大統領は5日午後、霞ケ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市)で約2時間にわたり、男子ゴルフの松山英樹プロを交えて9ホールを回った。共通の趣味を通じて信頼関係を深める「ゴルフ外交」が狙い。首相は終了後「難しい話題も織り交ぜながら突っ込んだ話ができた」と官邸で記者団に語った。
• プレーに先立ち、両首脳は「DONALD&SHINZO MAKE ALLIANCE EVEN GREATER(よりよい同盟にする)」との刺しゅうが入ったゴルフ用の帽子にサインした。昼食はハンバーガーだった。

来日したトランプ米大統領(左手前)とゴルフを楽しむ安倍首相(右端)。右から2人目はプロゴルファーの松山英樹選手=5日午後、埼玉県川越市の霞ケ関カンツリー倶楽部(内閣広報室提供)


トランプ米大統領来日
日米首脳、6日に会談

• トランプ米大統領が5日午前、来日した。米軍横田基地(東京)に大統領専用機で到着。安倍晋三首相は6日午後に迎賓館(東京・元赤坂)で首脳会談に臨み、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力を最大化する方針を確認する。
• トランプ氏の来日は大統領就任後初めて。安倍首相は「歴史的な訪問を歓迎したい。2人の信頼関係の上に、日米同盟の絆をさらに確固たるものにしていきたい」と官邸で記者団に述べた。「北朝鮮情勢をはじめ、国際的なさまざまな課題について、じっくりと時間をかけて話し合いたい」とも語った。
東京・米軍横田基地に到着したトランプ米大統領。左はメラニア夫人=5日午前(ロイター=共同)


東京モーターショー閉幕
77万人が来場、5%減

• 東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催していた第45回東京モーターショーが5日閉幕した。日本自動車工業会によると、入場者数は77万1200人で前回大会に比べて5・1%減だった。入場者の減少は2大会連続。
• 10月下旬の一般公開直後に台風が来たことや、日産自動車やSUBARU(スバル)の無資格検査問題が相次いで発覚し、自動車業界のイメージ悪化も逆風になった。
• 東京モーターショーには世界各国から約150社・団体が参加。電気自動車(EV)や自動運転など最新の技術を搭載した試作車が数多く出展され、前回大会を上回る入場者数を目指していた。


「津波の日」、各地で避難訓練
居場所把握へ実証実験も

• 東日本大震災の津波被害などをきっかけに制定された「津波防災の日」と「世界津波の日」の5日、実践的な避難訓練や啓発イベントが全国各地で行われ、避難者の居場所を把握するための実証実験も実施された。
• 政府は住民の携帯電話の位置情報から、居場所を素早く確認する災害時のビッグデータ活用に本格的に乗り出すことを目指している。この日は三重県伊賀市や尾鷲市では県が主催し、約1700人が参加した訓練に合わせ、避難所に集まった参加者に居住自治体や携帯電話を何台持っているかを聞いた。
• 後日、携帯電話会社から関連データの提供を受け、検証を進めて数年内に実用化したい考えだ。
南海トラフ巨大地震による津波を想定し、列車から避難する小中学生ら=5日午前、和歌山県広川町

日本語メインに戻る